イランのSirjan Foulad選手がナコンラチャシマでアラビ選手を相手に4セットのスリラーを演じ、イランのアジア男子クラブタイトルを守る

2021年アジア男子クラブバレーボール選手権大会において、タイのナコンラチャシマにあるターミナル21ホールで開催された決勝戦で、アルアラビ・スポーツクラブと対戦し、3-1(25-19、21-25、25-23、25-22)で勝利したシルジャン・フーラード・イランは、優勝の栄冠を手にしました。

Sirjanは、Saber Kazemiが46回の攻撃で22点、5本のエースを含む28点を獲得し、Mahdi Jelvehも14点を獲得しました。アルアラビSCは、フェリペ・バンデロが40回の攻撃で17本のキルを含むチームハイの21点を獲得しました。

2012年アジアクラブ選手権の覇者であるアルアラビ・スポーツクラブは、プール予備戦でイランに1-3で敗れたことを忘れようと、エーススパイカーのブラジル人フェリペ・バデロ、セルビア人コンスタンティン・カップコビッチ、レナン・リベイロを中心とした強力な布陣で臨みました。一方、金曜日の決勝戦に向けて、今大会唯一の無敗チームであるイランのシルジャン・フーラッドは、先日日本の千葉で開催されたアジアシニア男子選手権でMVPを獲得した左利きのセイバー・カゼミを中心とした強力なチームでした。

緊迫した試合展開となった第1セットは、序盤から両者ともに激しい攻防が繰り広げられ、Saber Kazemi選手が卓越した攻撃力とパワフルなサーブを披露し、Mahdi Jelveh選手が速攻を決めて19-16と3点差でSirjan選手が先取します。その後、Sirjan Foulad Iranianは、コンビネーション・アタックと優れたチームワークで逃げ切り、25-19でスリリングな勝利を収めました。

第2セットでは、フェリペ選手やコンスタンチン選手の堂々としたスパイクを中心とした華麗なブロックでカタールが反撃してきました。第2セットでは、フェリペ選手やコンスタンチン選手の堂々としたスパイクを中心とした見事なブロックでカタールが反撃に出ます。しかし、交代やコールアウトのタイミングでミスが目立ち、カタールに25-21で逆転され、1-1とされてしまいました。

第1セットを失ったイランは、第3セットで強烈なカムバックを果たしました。イランは、アラシュ・ケシャバルジ、モハマド・サデギの見事なブロックや、ラミン・カーニ、セイバー・カザミの強力なスパイクなどで優勢に試合を進め、カタールを苦しめていたが、最後の最後で何の反応も示すことができなかった。イランのSirjan Foulad選手は、攻撃面でのミスが目立ちましたが、25-23でこのセットを制しました。

第4セットでは、風見が引き続きディフェンスを統率したが、カタールのコミュニケーションが崩れ始めた。ハードアタックのレナン・リベイロがチームの攻撃を改善してくれたが、イランは難攻不落のディフェンスを堅持していた。21-16の5点差で圧倒的なリードを奪ったシルジャンは、その後も目覚ましい進撃を見せ、ついに25-22でこのセットを制し、イランに王座を奪還した。

最終的にはイランのシルジャン・フーラッド選手がタイトルを獲得し、5大会(2010年、2012年、2015年、2016年、2021年)ぶり2度目のアジア男子クラブ選手権制覇というカタールの甘い夢を打ち砕きました。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です