ラッセル・クロウの写真に寄せられたネットユーザーのコメントにバンコク都電気局が反発

タイ・バンコク

  俳優のラッセル・クロウがバンコクを訪れた際に撮影した写真がネットユーザーの間で話題になっていることについて、バンコク都電気局(MEA)が抗議の声明を発表しました。

MEAによると、上の写真に写っているケーブルは電気・電力ケーブルではなく、MEAの管轄ではないとのこと。

MEAは、"常に安全性を非常に重視している "と述べています。MEAは、電力ケーブルや電気ケーブルに関する懸念は、MEAに直接連絡して対処してほしいと述べています。連絡方法としては、MEA Smart Life Application、MEAのFacebookやソーシャルメディアのページ、または1130に直接電話するなどの方法があります。

MEAは、クロウ氏の写真に写っているケーブルは通信線であり、人に危険を及ぼすものではないとしています。しかし、関連機関と協力して回線やケーブルの変更を行っており、責任者には是正を伝えていると付け加えました。

この声明は、タイの "ネチズン "たちがこの写真をめぐって、ケーブルの配線や欧米からの観光客の目に映る様子を批判したことを受けて、MEAが声明を発表したものです。

  ラッセル・クロウのタイ訪問については、こちらをご覧ください。

写真のクレジット ラッセル・クロウ ツイッター

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です