ラッセル・クロウがタイを訪れ、プーケット・サンドボックスの体験談を語り、タイのソーシャルメディアで話題に。

ナショナル

ハリウッドスターのラッセル・クロウが、ベトナム戦争を題材にした映画「The Greatest Beer Run Ever」の撮影のためにタイを訪れました。タイ政府は、世界的な著名人がタイを訪れたのは初めてのことであり、「Covid-19」の大流行の中、プーケット・サンドボックスに申請しました。

俳優は、10月11日に自身のTwitterアカウントで、プーケットのサンドボックスで隔離されている間の経験と写真を投稿し、隔離のプロセスとタイでのサンドボックスの仕組みを簡単に説明しています。 TPNメディアによると、俳優がこの声明を発表した後、いくつかの点が変更されており、主な点としては、7日間の隔離で済むようになり、検査の回数も減っています。

また、ラッセルは昨日までにバンコクを訪れた際に、トゥクトゥクや中国の神社、カンラヤナミット寺院などの有名なアイコンやランドマークと一緒に撮った写真やセルフィーを公開しました。

しかし、タイのソーシャルメディアを捉えたあるツイートには、「Bangkok Dreaming...」というキャプションとともに、悪名高いユニークな絡み合う電線や電話線の写真が掲載されており、俳優への挨拶と政府運営への批判を同時に行う機会として、「Welcome to Bangkok」というトレンドの位相で、地元メディアのユーザーの間でネット上の反響を呼んでいます。

さらに、製作中の映画「The Greatest Beer Run Ever」は、ジョアンナ・モロイとジョン・"チッキー"・ドノヒューの同名の本を原作とし、ラッセル・クロウとザック・エフロンが出演、ピーター・ファレリーが監督を務める予定のドラマ映画です。

タイのソーシャルメディアでは、俳優がタイを訪れたことや、彼が純粋に楽しんでいる様子について、全体的にとても好意的に受け止められていました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です