アクエリア・ゴルフ&カントリークラブ、グランドオープンに向けて開発を進める

パンガー、2021年10月15日 - アクエラプロジェクトは、タイが10月から国境を開く予定であることから、チャンピオンシップコースとミニゴルフのグランドオープンに向けて、アクエラゴルフ&カントリークラブの開発を推進しています。最優先事項は、SHA Plus規格に準拠した最高の健康と安全をゲストに提供することです。

アクエラゴルフ&カントリークラブは、パンガー県タイムアン地区の1,075ライを占めるアクエラプロジェクトの目玉であり、アンダマン海岸線に沿って18ホールを有するパー72、7000ヤード以上のチャンピオンシップゴルフコースです。アブソリュート・ゴルフ・サービス(AGS)が運営しており、タイとアジアのトップコースの一つになることを目標としています。

このクラブは8月からオープンしており、他に類を見ないコースレイアウトを体験することができ、国内外のゴルファーから目覚ましい反響を得ています。これまでタイムアンゴルフクラブとして知られていた場所に建設されたコースですが、アクエラは完全に再設計されており、独自の個性を持っています。このプロジェクトは、パンガーの海岸線に沿って2キロ以上の範囲に広がっており、豪華なヴィラ、コンドミニアム、ビーチフロントリゾート、ビーチクラブなどの施設が近い将来に建設される予定です。

アブソリュート・ゴルフ・サービシズは、バンコクを拠点とし、11年以上にわたる専門知識を持つ、有名なゴルフ・レジャー管理・コンサルティング機関です。AGSは、2019年末にアクエラ・ゴルフ&カントリークラブの運営を任され、それ以来、壮大なクラブハウス施設と、非の打ち所のないレイアウトと他に類を見ないプレー面を誇るチャンピオンシップ・ゴルフコースの開発に主眼を置いてきました。2021年の残りの期間として、AGSは周辺の練習施設とミニゴルフコースの整備を完了させる予定です。また、フィットネスセンターとスパは完成しており、2022年にサービスを開始する予定です。さらに、スイミングプールや多数のレストランなども、マスタープランの進展に合わせて完成させる予定です。

コヴィド19の大流行が、観光客の減少により、ゴルフ産業を含むタイの観光産業に打撃を与えたことは間違いありません。これにより、ただでさえ競争の激しいタイのゴルフ場の多くが厳しい状況に置かれていました。アブソリュート・ゴルフ・サービスのマネージング・ディレクターであるジェームス・シッペイは、このような状況下でのゴルフコース運営についての見解を語ってくれました。

「ゴルフコースが高く評価されるためには、コースのレイアウトやコンディションに加えて、多くの重要な要素が正しく提供されなければなりません。プレー面と同様に重要なのが、ゴルフクラブ全体のサービス面であり、これには献身的で集中的な管理と専任チームが必要です。パンデミックがまだ私たちの生活やゴルフ業界に大きな影響を与えている中、クラブ経営陣は運営上の最も緊急なニーズに焦点を当て、オーナーや投資家に利益をもたらすための収益を生み出す新しく革新的な方法を模索すべきです。それは、より多くのお客様を魅了し、リピート率を向上させるために、他に類を見ない顧客体験を改善・創造することではないでしょうか。多くのコースでは、ゴルファーを惹きつけるために低価格の料金にばかり目を向けており、これはゴルファーにとっては良いニュースですが、間違いなく収益を奪い、業界を弱体化させるものであり、多くのコースがこの問題に直面していると思います。パンデミックの影響から脱却し、ビジネスの回復を早めるために、私たちのチームがティーグラウンドに立ち、できる限り多くのゴルフ場を支援することを決意しました」と述べています。なお、AGSでは、最大30日間の無料相談を実施しています。

 

「アクエラ・ゴルフ&カントリークラブの魅力は、何と言っても美しいアンダマン海を見渡せるロケーションにあります。美しいコースをプレーすると、山、ビーチ、海の景色が目に飛び込んできます。海岸線に沿って風が吹くことが多いので、とてもチャレンジングなコースです。フェアウェイはかなりタイトで、戦略的に配置されたバンカーでしっかりと守られています。グリーンはかなり小さいので、良いスコアを出すにはコースマネジメントが重要になります。パンデミックの状況が改善されれば、国内のお客様や海外からの観光客が増えることを期待しています」。アクエラは、プーケット国際空港からわずか25~30分の距離にあり、特別な体験をしたいすべてのゴルファーにとって理想的な場所です」とジェームズ・シッペイは語っています。

プーケットとパンガーを自由に行き来し、サリシン橋を通ってアクエラ・ゴルフ&カントリークラブを訪れることができるよう、地元政府は旅行規制の緩和を発表しました。このアンダマンゴルフパラダイスを体験してみたいというゴルファーのために、同クラブは現在、タイ在住者は1,650バーツから、観光客は1,750バーツからのソフトオープン料金を提供しています。この料金には、18ホールのグリーンフィー、キャディフィー、Visage GPSを搭載したゴルフカート、練習用ボール1トレイが含まれています。早期入会特別料金は、お一人様年間99,000バーツから、18歳以下のお子様はお一人様年間25,000バーツからとなっております。法人会員は年間175,000バーツからとなります。この早期割引料金は、2021年10月31日まで有効です。メンバーシップに関する詳細やお問い合わせは、メンバーシップオフィス(Tel.076-679-308、またはEメールでお問い合わせください。 [email protected].