酒に酔った男が自分の家に火をつけ、隣人の家を破壊したとされる(チョンブリ)。

チョンブリ

今週、チョンブリで酒に酔った男が自分の家を全焼させ、その際、以前から確執があったとされる隣人の家も破壊したとされています。容疑者は、事件はすべて事故だったと主張して容疑を否認しており、火事の後に隣人から暴行を受けたと反論しています。

10月11日(月)の早朝に消防に通報され、火災が発生しました。ばんざいAng Sila地区のBaan Makluaのコミュニティにて

初動部隊が現場に到着すると、2軒の家屋が激しく燃えていました。火を消すのに1時間以上かかりました。2つの家屋は、火災によってほとんど瓦礫と化していました。

村長のティパワン・チャイミー女史(56歳)がパタヤニュースチームに語ったところによると、「容疑者のスパット・チャンスリ氏は、薬物使用者として知られており、常に薬物やアルコールの影響下にある状態です。彼は過去に何度も村を焼き払うという脅迫をしており、薬物に酔ってハイになっている状態で近隣住民を何度も脅しています。私たちは以前、このことを警察に報告したことがありますが、Supatは酔っているときに警察が無意味な脅しをしたと考えただけで、何の措置も取られませんでした。残念ながら、今日はそうではないことがわかりました。"

火事で焼けてしまったもう一軒の家の持ち主であるAnothat Sakornratさん(44歳)はTPNメディアに対し、「私の家はSupatさんの隣です。Supatは、酒を飲んでハイになっているときに、何度も理由もなく私や家族を脅してきました。 私たちはなんとか炎から逃れましたが、家は破壊されてしまいました。誰がこれらの行為の責任を取るのでしょうか?"

Supat氏は火事の直後にSane Suk警察署に連行されました。Supat氏は警察に対し、自分が家に火をつけたのではなく、事件はすべて事故であり、隣人の告発は虚偽であると主張しているという。また、Supat氏は、火事の後、隣人から身体的な暴行を受け、被害を受けたことを非難されたと訴えています。

サンスク警察は状況を十分に調査すると述べており、消防隊員は今週、放火の可能性がある証拠や、スパット氏が主張するように火災が事故であった場合の証拠を探して、両住宅の残骸を調べています。報道された時点では、火災の最終的な原因は判明していない。