タイの外務省がCOEの後継者、国の再開を議論

ナショナル

本日10月14日、タイ外務省は、11月1日の正式な開国予定日を念頭に、開国スキームやその他の関連する旅行条件について、政府が最初に検討したことを報告しました。

TPNメディアによると、報道された時点では、国の再開計画と、制限や資格に関するすべての詳細はまだ議論中であり、CCSA(国防省状況管理センター)やタイ内閣によって最終決定されていないとのことです。

しかし、本日外務省が発表した計画では、海外からの訪問者は、出発前にRT-PCR検査で渡航時にコヴィドを保有していないことを証明し、到着後にタイで再度検査を受ける必要があるとしています。また、外国人旅行者は完全な予防接種を受け、到着時に予防接種証明書を提示しなければなりません。 最終決定ではありませんが、初期の提案では、観光客は少なくともRT-PCRの結果が出るまではSHA+ホテルに宿泊しなければならない可能性があります。 

当初承認された低リスク国は、イギリス、アメリカ、ドイツ、シンガポール、中国です。 フルリストはまだ確定しておらず、現在、CCSAのサブパネルで議論されており、できるだけ早くCCSA全体およびCCSAのトップである首相に提案され、検討される予定です。首相によれば、当初のリストは最低でも10カ国になるとのことですが、やはり今日は発表されませんでした。

外務省は、デジタル政府開発機構(DGA)とともに、現在も "タイランド・パス "の開発 CoE(Certificate of Entry)の発行に代わるシステムで、訪日前の情報記入や旅行者の書類のアップロードを短縮することができます。

このシステムは11月1日にほぼ開始される予定ですが、CoEが認められるのは、代替病院の検疫所に滞在する必要のある患者、陸路で国境を越える旅行者、海路で旅行する旅行者(ヨットやクルーズ船など)などの一部の旅行者です。

また、外務省とCCSAは、観光客に開放する「ゾーン」を決定していると報じられています。これは今日の会議では明確にされませんでしたが、以前の発言にもかかわらず、ワクチンを接種した外国人観光客にすぐに国全体を開放するのではなく、特定の人気観光地を開放するのではないかと推測されます。TPNメディアでは、この件に関するさらなる情報を収集しています。

また、タイ在住の外国人に対するCovid-19ワクチンの接種状況についてもお知らせしました。合計69,441人の外国人が次回のワクチン接種のために登録されました。そのうち、55,560人が60歳未満の外国人で、13,881人が60歳以上の高齢者でした。

同省は、これまでに全国の869,227人の外国人に約1,339,761回分のコヴィド-19ワクチンを配布したと付け加えた。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です