プミポン国王陛下を偲んで

ナショナル

毎年10月13日は、2016年に88歳で逝去されたプミポン国王陛下(ラーマ9世)の逝去から5年目の記念日です。この日は、国民の祝日として定められており pay tribute and remember his legacy.

1946年以来、タイで最も長い間君主を務めてきたラーマ9世陛下は、知性と不屈の精神、そして国とタイ国民を愛する心で、数々の国難を乗り越えてきたことで、国内外から高く評価されていた。

His countless royal projects and his self-sufficiency philosophy have been passed on to fight poverty and improve the quality of life for Thai citizens. As a result, he was regarded as the “Father of the Nation”. 

プミポン国王陛下を偲んで、タイの人々は国王のシンボルカラーである黄色の服を着て敬意を表すことが奨励されています。また、道路や海岸の清掃、ゴミ拾い、食べ物の配布、寄付などの善行を行う慈善活動やコミュニティサービスに参加するために集まる人もいます。

そのために、いくつかの活動が計画されています。 タイ政府によるRoyal Majestyへのn alms-giving ceremony for Buddhist monks and novices. However, this year’s gatherings and other official ceremonies would either not be officially held due to the current spread of the Covid-19 Coronavirus or toned down to small, tightly-controlled ceremonies.

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。