CCSAサブパネル、明日のタイ首相との総会でゾーンと外出禁止令の調整を提案へ

バンコク

明日10月14日に開催されるCCSA総会(議長:首相)において、ダーク・レッド・ゾーンを29州から24州に、夜間外出禁止時間を午後11時から午前3時に変更することを提案する予定です。

TPNメディアでは、これらの項目はすべて提案であり、実現が保証されているわけではありません。

地元メディアによると、小委員会はまず次回の総会で、最高で厳格な管理区域(暗赤色の区域)を29省から24省に、最高の管理区域(赤色の区域)を29省に、管理区域(オレンジ色の区域)を24省にするなど、全国の色分けされた区域の再編成を含め、コビッド19の緩和についてより多くの検討を行うとしている。 TPNメディアの本拠地であるチョンブリは、現在「ダークレッド」ゾーンとなっていますが、Covid-19やケースの多さから、現地でカラーコードが変更される可能性は低いと思われます。

さらに、門限を現在の午後10時から午前4時までから午後11時までに変更することも提案します。- 04:00 AM.から11:00 PM.- 2021年10月16日から10月31日までの間に実施される、暗赤色の州の夜間外出禁止時間の変更を提案します。

PHOTOインフォクエスト

一部の棄権行為は、ショッピングモールやホテル内の展示センター、コンベンションホール、展示会場、または同様の場所での会議や集会の開催など、限られた参加者で運営されているとみなされます。

他にも、11月に低リスク国からの完全なワクチン接種を受けた観光客を迎えるために開国する案や、どのような国を低リスクとみなすか、また、タイ国民に対するアストラゼネカ社とファイザー社のクロスインジェクションについても議論される予定です。また、12月1日までに娯楽施設やバーをオープンすることの検討についても議論が行われるようです。

この会議は、明日10月14日に政府機関で開催され、プラユット・チャンオチャ首相が議長を務めます。TPNメディアでは、会議後に行われた公的な決定事項について、詳細な報告を行います。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です