プーケットとサムイ島、10月中旬に予防接種を受けた国内旅行者の渡航制限を正式に緩和へ

ナショナル

プーケット島とサムイ島の当局は、政府の観光キャンペーン「We Travel Together」の実施を10月中旬に控え、予防接種を受けた国内旅行者の入国制限を緩和することを正式に承認しました。

両県の制限緩和については、若干の違いがあります。プーケットでは、完全なワクチン接種 DOMESTIC の訪問者は、外国人観光客もタイ人観光客も、Covid-19検査を受けることなく歓迎されています。サムイ島については、完全にワクチンを接種した観光客は、検疫に入ることなく島に入ることができます。プーケットでは、ワクチンを接種していない観光客も入国できますが、医療/病院の監督下で承認された検査を完了する必要があります。

サムイ島では10月15日から、プーケットでは16日から実施されます。これらのプランは、10月15日に開始される観光キャンペーン「We Travel Together」の第3段階の登録に合わせて導入されます。

また、プーケットのナロン・ウーンシウ知事は、国内観光客の入国手続きを簡素化しつつ、国内感染者数を効果的にコントロールするための計画を当局が考えていると付け加えました。

「基本的には、入国前に行ったワクチン接種やCovid-19スワブの結果を当局に提出する必要があります。 当社のトラッキング・アプリケーション「www.gophuget.com」も継続的にインストール・開発する必要があります。とNarong氏は述べています。

また、スラタニ県のウィッチャウット・チント知事はAP通信に対し、国内からの観光客や帰国子女は、到着の7日前までに予防接種の記録とATKの陰性証明書を提示しなければならないと述べています。

知事は言いました。"旅行者は、この地域の施設に入場してサービスを利用する前に、モバイルアプリケーション「サムイ・ヘルス・パス」をインストールしてプロフィールを登録し、「モル・チャナ」のQRコードを提示する必要もあります。"

Koh Samui Disease Control Centerの公式Facebookページによると、観光客は以下の記述のいずれかに基づいて予防接種を受ける必要があります。

- シノバック / シノファーム / スプートニクのワクチン2ショット
- シノベック社とアストラゼネカ社のワクチンのクロス接種
- アストラゼネカ/ファイザー/モデナの2ショット
- ジョンソン・エンド・ジョンソンのワンショット
- コヴィド-19から90日以内に回復したばかりの者、または7日以内にRT-PCRやAntigen Test Kit(ATK)で陰性を証明した者。
- 両親と一緒に旅行した6歳までの扶養家族

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

前の記事プミポン国王陛下を偲んで
次の記事RECAP:タイで毎日10,064件のCovid-19感染が確認され、さらに82名が死亡
アダム・ジャッド氏は2017年12月よりパタヤニュース英語の共同オーナー。アメリカのワシントンD.C.出身です。彼のバックグラウンドは人事とオペレーションの分野で、10年前からニュースとタイに関する記事を書いています。彼はパタヤにフルタイムで6年半以上住んでおり、地元ではよく知られており、10年以上前から定期的にパタヤを訪れています。オフィスの連絡先を含む彼の全連絡先情報は、下記のお問い合わせページに掲載されています。 ストーリーは、電子メール [email protected] をお願いします。 会社概要: https://thepattayanews.com/about-us/ お問い合わせ: https://thepattayanews.com/contact-us/