昨日の首相の開国宣言について、著名な医師や政治家が矛盾した意見を述べていた

ナショナル

昨日10月11日夜に放映された首相の演説に対して、複数の著名な医師や政治家が 予防接種を受けた低リスク国からの観光客を対象とした国の再開計画と、バーや娯楽施設の開設の検討。nues。

まず、チュラロンコン大学医学部のティラ・ワラタナラット准教授は、11月1日に再開したものの、Covid-19検査の積極的な実施がまだ限られており、ワクチンの全量接種を受けた人の割合が少なく、最近の1日あたりの感染者数がまだ平均1万人に達している状況で、その結果について世間の疑問を喚起するかのような声明をオンラインで発表しました。

彼のステータスには「他の国は準備が整ってからオープンします。彼らのスクリーニングとモニタリングシステムは準備ができていて効果的であり、テストの可能性も高く、国民のほとんどが完全にワクチンを接種しており、パンデミックの状況は深刻ではなく、十分にコントロールされています。しかし、再開してもなお影響を受ける国もあります。"

"考えなければならないのは、スクリーニングがまだ制限されていて、ごく一部の人が完全な予防接種を受けていて、最近の1日の感染者がまだ1万人に達している状態で、再開するような国はどうなるのかということです。"ティラはそう締めくくった。

国立遺伝子工学・バイオテクノロジーセンター(BIOTEC)のアナン・ジョンカエワッタナ博士も同様の疑問を投げかけた。"もし、Covid-19の前のように毎日10万人の観光客が来たら、これまでできなかったRT-PCR検査を、公衆衛生担当者や医療スタッフが到着時に全員に対して行うことができるのか?"

それどころか、多くの政府の閣僚や関係者は、プラユット首相の発表に賛同し、「政府は再開に向けて準備し、準備が整っている」と語っています。

フィパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ大臣は、11月1日の再開計画は、タイ国政府観光庁(TAT)の計画通りにしっかりと準備されているので、何の問題もないと述べました。

検疫は、1年のハイシーズンに入ってくる外国人にとっては魅力的ではないだろう、とPhiphat氏は言う。したがって、強制検疫が解除されれば、完全にワクチンを接種した多くの観光客をタイに呼び寄せることができるだろう。

記者団に語った。"首相が11月1日のオープンを発表したことで、タイは欧米、日本、韓国、中国などからの観光客にとって冬場に最も人気のある国の一つであるため、2022年の第4四半期と第1四半期に観光客を完璧に誘致することができます。"

「今のところ、すべての国際空港で、より迅速で効果的なATK検査をいかに効率化するかを調整しなければなりません。しかし、公衆衛生省がプーケットでのプロトタイプに基づいてすべてを準備していることは認めています。ですから、すべてがスムーズに進むと信じています」。

また、政府報道官のThanakorn Wangboonkongchana氏は、検疫を義務づけない制度は、タイ人と外国人の安全を優先した条件に従って実施されることを報道陣に明らかにしました。

今回の再開により、準備と自信を深め、世界中の外国人観光客にタイの可能性をアピールすることができます。一方で、タイ国民は「COVID-Free Settings」(CFS)対策を引き続き徹底する必要があるとタナコン氏は言う。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。