Mueang Chonburiのショッピングモールで約20万円相当の金塊を奪った容疑者は、逃走中に携帯電話を落とした。

チョンブリ

ドンフアロー地区のショッピングモールにある金券ショップから約20万バーツ相当の金製品を奪ったとされる忘れっぽい容疑者が、逃げている間に携帯電話を落としてしまいました。

10月10日(日)午後7時30分にDon Hualor Policeに通報されました。ばんざい ショッピングモール内の金券ショップで

現場に到着すると、金券ショップの店員が数人取り乱していました。彼らは、主犯が落としたとされる携帯電話をドンファロー警察に引き渡しました。

PHOTO:Wisarn Sangjaroen / トップニュース

ゴールドショップのスタッフ、タトドイ・プナネさん(25歳)は、ドン・フアロア警察に「容疑者は最初、客を装って、ガールフレンドと思われる人のために金製品を見たいと言ってきた」と話しています。

「彼にいくつかの選択肢を提示した後、彼は2つの商品(合計約196,000バーツ相当)を盗み、スピードを上げて去っていきました。しかし、モールから逃げようとして携帯電話を落としてしまったので、警察に渡して追跡してもらいました」。とTatdoiは警察に述べています。

ドン・フアロア警察は、本日2021年10月12日の時点で、主犯格の特定と追跡に成功し、投降しない場合は逮捕の準備をしていると関連報道機関に伝えました。現在、捜査が進行中であることを理由に、報道機関への容疑者の名前の公表は避けました。TPNメディアでは、この記事の続報があればお伝えします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です