アジア女子クラブ選手権で、ALTAYがナコンラチャシマを3セットマッチで破り優勝

ナコンラチャシマ(タイ)、2021年10月7日 - 木曜日にターミナル21ホールで開催された「2021年アジア女子クラブバレーボール選手権」の最終対決で、火を噴いたアルタイがナコンラチャシマQminC VCを25-22、25-22、25-20のスリリングなストレートで圧倒し、アジアクラブ初のタイトルを獲得しました。

カザフスタンのアルタイは、見事なチームワークと攻撃のコンビネーション、そして決断力がポイントとなり、木曜日のタイ戦で素晴らしい勝利を収めました。

圧倒的な強さを誇るナコンラチャシマに対して、アルタイは、Sana Anarkulova、Zhanna Syroyeshkina、Kristina Anikonova、Kristina Belova、Madina Beketの5人のベテラン選手と、Danica Radenkovic(セルビア)とNadiia Kodola(ウクライナ)の2人のレジオネラを含む、経験豊富な強力な陣容で臨みました。

第1セットでは、Altayが順調なスタートを切り、見事なパフォーマンスで25-22でタイチームとの激戦を制しました。第2セットでは、両チームともにネットでのパワーとスピードを活かした攻撃を展開しましたが、経験豊富な選手を擁する強力なビジターチームは、基準通りの素晴らしいパフォーマンスを見せ、ライバルの反撃を阻止しました。アルタイは25-22で第2セットを奪い、リードを2-0に広げました。

第3セットでは、若いタイ人たちが年齢を超えた才能と技術を発揮し、逆転を期待させました。ホストチームはテンポよくゲームを進め、6-1とリードしました。中盤、Nakhon Ratchasima(ナコンラチャシマ)が懸命に点差を広げようとする中、Altay(アルタイ)は筋肉を鍛え上げ、素晴らしいコンビネーションプレーで猛攻をかけ、20-16でタイチームを退けました。

ナコンラチャシマは、調子を取り戻そうとしたものの、アルタイが驚くほどの力強さと集中力を発揮してきたため、捕らえどころがありませんでした。アルタイは第3セットを25-20で奪い、優勝しました。

前述はプレスリリースで、許可を得て掲載しています。感想や意見はすべて個人のものです。