今週のタイ・パタヤニュースを振り返る:学生の予防接種、Covid-19制限の見直し、パタヤ再開のニュース

以下は、週刊誌の特集で、来週以降に展開するトップニュースや注目すべき点を紹介しています。 2021年10月16日までの10月第2週の出来事に注目しています。

まず、動画ニュースがお好きな方のために、この記事の動画版をご紹介します。または、このままスクロールして記事をご覧ください。

週に何十本もの記事を掲載しているため、読者は編集部が選んだ、タイやパタヤで起きている最も重要な記事を素早く把握し、一週間先までモニターしてフォローすることができます。

それでは早速、ご紹介していきます。

1. タイ・チョンブリで12~17歳の子供とティーンエイジャーへのワクチン接種を継続

タイでは、ここチョンブリとパタヤを含む全国の12歳から17歳の学生に、ファイザー社のCovid-19ワクチンを着実に接種しています。

公衆衛生省とタイの教育大臣によると、この年齢層の生徒の親のうち80%以上が、子供にコヴィド-19ワクチンを接種することに同意しています。

TPNメディアによると、学校に戻ることは義務ではなく、教育省の担当者は、潜在的な反対者を克服するためにこのことを何度も強調しています。 タイの大部分の地域では、今年の4月から6ヶ月連続で学校が休みになり、対面式の学習が行われています。

教育省は、現在行われている予防接種キャンペーンが終了し、各州の伝染病委員会の同意が得られれば、11月から生徒たちが直接学校に通えるようにしたいと考えています。ワクチン接種プログラムは、社会的な距離を置くこと、少人数制の授業、場合によっては時差出勤など、子供たちが安全に学校に戻れるようにするためのルールを含む、学校の全体的な安全計画の一部に過ぎません。

タイの教育大臣、全国の対象学生の80%以上がファイザー社の初回ワクチン接種を申請と発表

2. Covid-19状況管理センター(CCSA)、今週中にCovid-19規制の見直しを実施

CCSAは、今週末に2つの主要な月例会議の1つを開催します。

この会議では、パタヤ、バンコク、チェンマイなどの再開の可能性(ポイント3参照)を含む多くのことを議論する予定ですが、映画館やジムなどの規制が緩和された過去数週間についても検討する予定です。

読者の皆様が特に関心をお持ちなのは、今回の会議で見直されると約束されていた、(読者の皆様のご意見に基づいて)軽蔑されている現在の午後10時から午前4時までの外出禁止令の緩和、あるいは解除が検討されるかどうかでしょう。

も可能です。 CCSAでは、学校と同様に半年間シャッターを下ろしているエンターテイメント、パブ、ナイトライフ業界に注目しています。.プーケット、サムイ島、カオラックなどの一部の「観光地」を除いて、国中のレストランではアルコールが禁止されています。良いニュースは、このアルコール規制の緩和によって、Covid-19の症例が増加したり、大規模なクラスターが発生したりすることはなかったということです。実際、プーケットの保健所によると、プーケットは全体的に横ばいになっているようです。

今週のミーティングにもご期待ください。

プーケットでは、10月1日よりレストランでのアルコール飲用・販売が正式に認められました。

3.11月のパタヤ "再開 "の情報は入ってくるのか?

可能性はありますが、月末近くになる可能性が高く、CCSAの2回目の主要会議は10月25日頃になると思われます。

もちろん、再開というのは、ワクチンを接種した外国人観光客が、20カ月ぶりに厳しい「部屋での滞在」という検疫なしにパタヤを訪れることができるということです。ただし、パタヤ地区に7日間滞在すること、モバイルアプリによる追跡調査に同意すること、複数回のCovid-19テスト、強制保険、特定のホテルに宿泊することなどのルールがあります。

TPNメディアには、このトピックについて毎日多くのメッセージやメールが寄せられており、私たちはこのトピックについて幅広く議論してきましたが、この論説ではそうしません。

一言で言えば、パタヤ、バンコク、チェンマイ、ホアヒン、チャアムをプーケットのサンドボックスのようなエリアにしようという提案です。もちろん、ルールはありますし、ポイント2にあるように、多くのパタヤ観光客にとって重要なバーやナイトライフの営業が許可されるかどうかは不明です。

様々なメディアが大々的に報じていますが、これはあくまでも提案であり、CCSAに却下される可能性もあることを忘れてはなりません。そのため、来場方法に関する「公式」な情報が出ていないのです。 タイ国政府観光庁はこの計画が実現すると確信していますが、現時点では最終的な保証ではないことを読者の皆様にご理解いただきたいと思います。

タイ観光大臣、11月1日から予防接種を受けた外国人観光客への再開を予定していた5つの地域は実現すると発表、パタヤとバンコクも含まれる

今週はこれでおしまいです。それでは、安全な一週間をお過ごしください。

アダムとチーム