夜間外出禁止令中のパタヤセカンドロードで寝ていた酩酊状態の外国人女性が発見され、気絶した状態で強盗に遭ったと報道されました。

パタヤ

10月10日未明、パタヤのバングラムン地区にある外貨両替店の前で、身元不明の外国人女性が酔っ払って寝ているところを発見され、貴重品をすべて盗まれました。

パタヤのセカンドロードにあるロイヤルガーデンプラザ付近で外国人が倒れているとの通報を受け、サワン・ボリブーン・タンマサタンの警察と救助隊が今朝2時頃に現場に到着しました。

国籍不明のこの女性は、白いシャツと黒いショートパンツを身につけ、無意識に眠っているところを目撃されました。その後、救助隊が彼女を起こし、一次健康診断を行いました。

地元の目撃者でタクシードライバーのワンチャイ・ペッチニルさん(48歳)によると、彼が車で通りかかったとき、女性はすでに無意識のうちに倒れていたそうです。さらに、バイクタクシーの運転手だと思われる人物が女性に近づき、スリをしているのを目撃したそうです。そのタクシー運転手が近くで状況を観察しているのを見て、バイク運転手は女性の財布を持ってすぐに車を走らせたそうです。ワンチャイは、彼女の貴重品がどれだけなくなっているかわからないので、警察に通報しました。

その後、警察は女性に質問を始めましたが、彼女は酔っていたためにうまく答えられませんでした。そのため、女性はパタヤ警察署に連行され、完全に回復するまで酔いを覚ましてから、再び質問を始めました。

パタヤ警察は、CCTVカメラを監視して、泥棒と思われる人物の所在を確認すると述べた。また、午後10時から午前4時までの外出禁止令の後に外出していた女性を起訴するか、あるいは法的な許可を得て外出していたのかについては言及しなかった。

写真のクレジット パタヤメッセージ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。