タイとパタヤのニュースで去年の今週を振り返る。パタヤがビーチを修復、タイ警察がレッドブルの相続人を捜索、野良犬が地元の子供を襲うなど...。

タイ

以下は、昨年の同時期のパタヤとタイのニュースを見た週刊誌の特集記事です。

毎週、昨年の同時期のニュースを振り返る特集です。また、6ヶ月や3ヶ月など、異なる時間軸での設定も可能です。)では、状況の変化を確認し、ストーリーの進行をフォローし、パタヤやタイで約束が破られたり、約束通りに行われなかったりした可能性があるものを見ています。

週に何十もの記事を掲載している私たちにとって、これは編集チームが選んだ1年前の最も大きな記事を、今日の私たちにどのような影響を与えているか、時事ニュースとどのように関連しているかを見ていただくための簡単な方法です。重要度の高い順ではありませんが、ほぼ掲載順になっています。

今週は、2020年10月4日(日)から10月10日(土)までの、2020年10月の第2週を取り上げます。

1. パタヤ市は近年の暴風雨で被害を受けたビーチの修復に取り組んでいます。

はい、これは本当に1年前のヘッドラインで、ここ数週間のことではありません。そう、これはまだ続いているのです。はい、市はまだ解決すると言っています。

パタヤ市は嵐の後に被害を受けたビーチの修復に取り組んでおり、一時的な計画は意図した通りに機能していると述べています。

2. タイ警察は、2012年9月3日に発生した警察官のひき逃げ事件について、レッドブル・ヘアーの過失致死容疑での逮捕状という新たなインターポール(国際刑事警察機構)のレッドノーティスを発表しました。

1年経った今も、警察は彼を捕らえていない。私たちの読者も、この結果には驚かないだろう。

逃亡中のレッドブルの相続人を逮捕するための新しいインターポールの赤い通知が正式に発行され、国家警察総監補が本日発表した。

3. チョンブリで野良犬に襲われたとされ、学生6人が負傷

この記事では、2020年3月のCovid-19ロックダウンや観光客の減少以降、人口が大幅に増加した地域の野良犬に注目が集まりました。現地では依然として人口が多い状態が続いていますが、最近では現地で攻撃的な犬による事件が発生したというニュースはありません。野良動物の不妊手術、ワクチン接種、避妊・去勢手術を継続する計画が継続されています。

そのわずか1日後には2回目の攻撃が行われ、こちらも多くのメディアに取り上げられました。

チョンブリの学校で野良犬2匹に襲われ、6人の生徒が負傷した。

パタヤエリアで野良犬に襲われた4歳の少女、今週2度目のチョンブリでの襲撃、当局が調査中

4.車内に残されたお金を見つけた学生が車の持ち主に現金5万バーツを返す

悪いニュースばかりではなく、ここパタヤにも誠実な人がいることを思い出させてくれます。

車内に残されたお金を見つけた学生が現金5万バーツを車の所有者に返す

今週はここまでです。昨年のタイのニュースはかなり静かな週でした。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です