PR東アジア、アラフラ、ティモール海の沿岸地域のコミュニティに利益をもたらす気候変動適応策

以下はプレスリリースです。彼らの発言はすべて彼ら自身のものです。

東アジア海域(EAS)とその近隣の太平洋諸国の国々は、低地にあるコミュニティや人口密度の高い沿岸都市を抱えているため、海面上昇に対して非常に脆弱な状況にあります。さらに、この地域は、天候に起因する災害による避難者の割合が世界で最も高い地域でもあります。また、アラフラ・ティモール海(ATS)地域の最近の気候変動による脆弱性評価では、同地域のホットスポット(または非常に脆弱な海洋生息地)や種が特定されています。 

 これを受けて、EASおよびATS地域では、いくつかの気候変動適応(CCA)の取り組みが行われています。これには、気候変動に対応した統合沿岸管理(ICM)の実施や、政策立案者やその他のステークホルダー向けの実用的なCCA意思決定ガイダンス・ドキュメントの適用などが含まれます。これらの取り組みから得られた教訓やグッドプラクティスは、2021年に開催されるEASコングレスの前に行われるバーチャルコラボを通じてEASとATSのネットワークで共有され、ベストプラクティスを議論し、他の地域での再現を可能にします。  

タイトル "Climate Change Adaptation for Coastal Communities:東アジアとアラフラ・東ティモール海地域から学ぶ" このウェビナーは、2021年10月25日の午前9時から午前11時30分(GMT+8)まで開催され、GEF/UNDP/PEMSEAアラフラ・ティモール海生態系行動フェーズII(ATSEA-2)プロジェクトが主催します。共同主催者は、東アジア海域環境管理パートナーシップ・リソース・ファシリティ(PRF)と日本の地球環境戦略研究機関(IGES)です。  

このイベントは以下を目的としています。(1) EASおよびATS地域における気候変動が沿岸地域に与える影響についての認識を高め、理解を深める。(2) 気候変動の脆弱性評価結果を共有し、ATS地域のために開発された意思決定ガイドを紹介する。(3) EASおよびATS地域が地域の気候変動適応戦略を策定・実施する際のベストプラクティスを紹介し、得られた教訓を共有する。(4) EAS地域の「東アジアの海のための持続可能な開発戦略」(SDS-SEA)、ATS地域の「戦略的アクションプログラム」(SAP)、さらには「国連気候変動枠組条約」(UNFCCC)の大きな目標を支援するCCAの取り組みに向けた議論の深化とシナジー効果に貢献する。  

注目のキースピーカーは以下の通りです。 

  • ブライアン・ジョンソン博士IGESデピュティディレクター
  • ジョアンナ・ジョンソン博士C20コンサルティング ディレクター
  • クリスティーヌ・イングリッド・ナルシズさんATSEA-2 政策と結果に基づく管理スペシャリスト
  • ニサコン・ウィーウェクウィンさんICMプログラムコーディネーター、サンスック市役所、チョンブリ、タイ
  • イクバル・アレキサンダー氏Kertabumiリサイクルセンター所長

 

参加者には、EASおよびATS地域の気候変動科学者や実務者、地域の意思決定者、沿岸地域の住民などが含まれます。また、このイベントは一般の方にも公開されており、無料でご参加いただけます。 

 

ご興味のある方は、こちらのページから参加登録をお願いします。 リンク2021年10月21日(午後11時59分、GMT+8)。 をクリックすると、ズームの詳細が表示されます。EASコングレスの他のイベントに関する最新情報は、以下をご覧ください。 https://eascongress2021.pemsea.org

 

ATSEA-2について

2019年にスタートしたATSEA-2は、インドネシア、東ティモール、パプアニューギニアの3カ国政府が参加する地域パートナーシップ「アラフラ・東ティモール海生態系行動(ATSEA)プログラム」の第2フェーズで、オーストラリア政府の支援を受けています。ATSEAプログラムは、インドネシア、東ティモール、パプアニューギニアの政府が、オーストラリア政府の支援を受けて実施している地域パートナーシップです。

 

IGESについて 

地球環境戦略研究機関(IGES)は、「地球環境戦略研究機関設立憲章」に基づき、日本政府の主導と神奈川県の支援により、1998年3月に設立されました。本研究所の目的は、文明の新しいパラダイムを実現し、研究成果を政治的意思決定に反映させることにより、アジア太平洋地域および地球レベルでの環境対策および持続可能な開発全般に関する革新的な政策立案と戦略的研究を行うことです。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)