昨日、パタヤ市長と市民がCovid -19ワクチンの3回目の接種を受けました。

パタヤ

パタヤ市長とパタヤ市民は、ブースターとしてアストラゼネカ社のコビッド-19ワクチンの3回目の接種を受けました。

昨日(10月7日)の予防接種キャンペーンはばんざい)は、パタヤ市のパタヤ・シティ・2・スクールであった。

今日のキャンペーンは、アストラゼネカ社のCovid-19ワクチンブースターを使ったCovid-19ワクチンの3回目の接種でした。また、参加された方の中には、シノファーム社の2回目のワクチンを接種されている方もいらっしゃいました。

パタヤ市のソンタヤ・クーンプローム市長は、パタヤニュースの取材に対し、「私はすでにシノバック・ワクチンを2回接種していますが、これは年明け早々のことで、ワクチンを接種した外国人観光客のためのオープンを準備しているため、私は個人的な保護を強化し、地域社会の模範となって、私たちのワクチンが安全で効果的であることを示したいと思いました」と語りました。


「私は予防接種キャンペーンがスムーズに行われているかどうかを点検した後、自分自身のために3回目の接種を受けました。市長はこう続けた。

"パタヤとバングラムンの人口の80%が少なくとも2回目のCovid-19を接種し、高齢者や弱者、ワクチンの早期導入者には3回目の接種を行うという現在の目標を達成するために、できるだけ早く住民にワクチンを接種しようとしています。"市長はこう付け加えました。

「私たちは、パタヤでの営業再開に先立ち、Covid -19を除去しようとしており、最近はコミュニティでの検査を強化しています。街や観光、経済を活性化させるためにも、検査やワクチン接種のキャンペーンを続けていかなければなりません。私たちは11月1日に向けて準備を進めています。停留所 ワクチンを接種した外国人観光客に対して、厳しい検疫を行わずにオープンすることを計画しました。この日までに80%の地域住民(住宅登録者および永住者)にワクチンを接種する予定であり、オープンに向けて準備を進めています。市長はこう締めくくった。

参考記事

パタヤの最大の観光地の一つであるラーン島の住民の約半数が、公式に3回目のCovid-19ワクチンの予防接種を受けることになった。この島は、チョンブリ州政府が、Covid-19をゼロにする「観光客のためのブルー・ビレッジ」と呼ぶことを目標にしている。

コ・ラーン島の住民に対するCovid-19ワクチンの3回目の接種が開始され、島は観光客のための「ブルー」ゾーンとなる。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
1.33 (3 票)