バンセンビーチ近くの新しい日本風カフェが人気に

チョンブリ県バンセーン市

バンセーンビーチの近くにできた日本風のカフェは、今、地元や国内の観光客に人気のカフェになっています。

カフェのマネージャーであるパヤポップ・スワンナチョット氏(35歳)は、パタヤアンプラグドとTPNメディアに対し、「私と友人は、日本の食べ物や飲み物を楽しむのが大好きです。以前、日本を訪れたことがありますが、とても懐かしいです。"

「カフェをオープンする前、私たち(パヤポップとその仲間たち)は、ビーチ沿いの屋台で日本のラーメンを売っていました。しかし、コヴィド19の大流行の際には、多くの人がトラブルに巻き込まれ、新しいことに挑戦することになりました。リスクはあったし、最後の貯金まで使ってしまったが、国内外の観光客がタイやチョンブリに戻ってきたときに、自分たちが明るい未来を手に入れるためには、新しいことをするのに適した時期だと考えたんだ」。と、パヤポップは述べています。

「借りていたビルを和風のカフェにすることにしました。完成までに約8カ月かかり、日本風の内装になりました。様々な種類の日本の飲み物や食べ物を販売しています。"と、パヤポップは語った。

https://www.facebook.com/NomisukeRamen

"のFacebookページでオープニングの宣伝をしています。濃厚抹茶ラーメン10月5日に正式にオープンする前にばんざい2021年」と述べています。

"初日からたくさんのお客様にご来店いただきました。水曜日には、(10月6日ばんざい)のお客様が朝から長蛇の列を作っていました。こんなにたくさんのお客さんが来るとは思っていませんでしたが、これもバンセーンのビーチエリアのオリジナルなアイデアです」。と、パヤポップさんは付け加えた。

"和風カフェhttps://www.facebook.com/NomisukeRamen'は、バンセーンビーチの近くのウォンナパビーチにあり、セブンイレブンの近くにあります。カフェの営業時間は毎日午前9時から午後5時までです。"と、パヤポップは締めくくりました。

https://www.facebook.com/NomisukeRamen

お客さんのアーパフォン・ホムクラジャイさん(27歳)とクワンジャラス・ケウカさん(27歳)は、TPNメディアとパタヤアンプラグドに「このカフェを訪れると日本にいるような気分になります。このカフェを訪れると、まるで日本にいるような気分になります。他の人にもこのカフェに行くことをお勧めします」と語った。

https://www.facebook.com/NomisukeRamen

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)