タイ観光大臣、11月1日から予防接種を受けた外国人観光客への再開を予定していた5つの地域は実現すると発表、パタヤとバンコクも含まれる

PHOTO.タンセッタキージ

ナショナル

観光・スポーツ大臣のフィパット・ラチャキットプラカーン氏は、11月1日から予定されている、バンコクやチョンブリなど5つの県・地域で行われる、ワクチンを接種した外国人観光客を対象とした、室内での厳しい検疫なしの再開計画について、完全に前向きな姿勢を示しています。

ワクチンを接種した外国人観光客を厳しい検疫なしで迎え入れる予定の地域は、バンコク、チェンマイ(ムアン地区、メーリム地区、メーテン地区、ドイタオ地区)、プラチュアップ・キリ・カーン(ホアヒン)、ペッチャブリ(チャアム)、チョンブリ(パタヤ、バンラムン地区、サタヒップ地区)です。

しかし、11月1日までの再開前に、特にバンコクでは、外国人観光客が他の場所に行く前に最初に訪れる場所と考えられていたため、大規模で深刻なコヴィド-19感染者の集団が発見されてはならないとPhiphat氏は指摘しています。 TPNメディアは、再開の最終決定権は観光大臣にはないとしています。 しかし、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)やタイのプラユット・チャン・オチャ首相との間では、そのようなことはありません。特にCCSAは、医師や医療専門家を中心に構成されており、非常に慎重な姿勢を示しています。

11月の再開計画は、プーケット・サンドボックスやサムイ・プラス・モデルとは異なる、セミ・ノーマルなオープンになるだろう」と、昨日10月7日午後、タイの関連報道機関とのインタビューで語った。

Phiphat氏は、プーケットやサムイ島などで行われている現在の計画と何が違うのかを明らかにしませんでした。この計画では、ワクチンを接種した訪問者は、強制的なCovid-19保険、自己負担による複数回のCovid-19検査、SHA+ホテル(すべてのスタッフがワクチンを接種し、複数の安全衛生管理基準を満たしている)での7日間の必須かつ事前予約された滞在、携帯電話での強制的な追跡アプリケーション、国内を旅行する前に7日間ゾーン内に滞在しなければならないという条件、そして最後に、自国の大使館または領事館からの入国証明書を要求していますが、これについてフィパットは説明しませんでした。

TPNメディアでは、これらの要件について 特に入国証明書。 は、他の旅行先や国と比較して要件がまだ「多すぎる」と主張し、ソーシャルメディア上で潜在的な旅行者から多くの批判や否定的な意見を引き起こしました。

さらに、Phiphat氏によると、クラビとパンガーは同期間中、全州で外国人を全面的に歓迎するという。

観光スポーツ省は、5つの主要観光地での再開により、1.5兆バーツの観光収入が得られると予想しています。これは、コヴィド-19発生前の平均的な通常収入である3.4兆バーツの約50%にあたります。

一方、TATのユタサック・スパソーン知事は、2021年はタイの観光産業にとって最悪の年になるだろうと明かしました。 EVER タイの観光収入は、海外市場が8,156億2,400万バーツ、国内市場が3,287億5,800万バーツとなり、2020年と比較して60%減少したことになります。もちろん、外国人観光客数が4,000万人近くに達し、記録的な年となった2019年と比較すると、2020年はほぼ同じくらい悪い結果となりました。

タイの観光状況は、サンドボックス・プロジェクトの外国人観光客や2つの政府の国内景気刺激キャンペーンの影響もあり、10月に入って少しずつ良くなってきたところです」。国内観光だけでは、コヴィド-19パンデミックの約2年間の影響から観光産業全体を大幅に押し上げることはできないため、政府は再開計画の準備を早めるべきです」と知事は付け加えた。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
3 (3 票)