ウドンターニー警察は、武装した侵入者を殺害したスイス人男性の自宅を捜索、殺害された男性の妻は約30万バーツが紛失したと主張。

PHOTO:サヌーク

ウドンタニ、タイ

  ウドンターニー警察は、10月3日に武装した侵入者を殺害したことを認めたスイス人男性の自宅を家宅捜索しました。

殺害された男性の妻は、スイス人の話には裏があると主張し、最近の土地売却で夫が持っていた約30万バーツが事件後になくなったと主張した。

まずは、この事件に関する過去の記事と、当事者双方の証言をご覧ください。

ウドンターニーで武装した侵入者を殴り殺したとされるスイス人を逮捕

ウドンターニーでスイス人男性に殺害されたタイ人男性の遺族は、動機は金銭ではなく不倫だったと主張。

今日の襲撃は、ウドンターニーのナッカ警察署の副署長であるノッパドン・ウィセトリ中佐が指揮を執った。今日の襲撃は、ウドンターニーのナッカ警察署の副署長であるノッパドン・ウィセッツリ中佐が指揮を執った。この捜査は、ウドンターニー地方裁判所から許可を得て、142/2564の命令番号で捜査令状が発行された。

警察は午後2時頃、ムアン・ウドン・ターニーのクダサ地区にあるバン・カミンのスイス人ルドルフ・ジョセフ・ロッシー氏(63歳)の自宅を家宅捜索した。ルドルフ氏とその妻は留守だったため、警察は透明性を確保するために、村長のブアセン・スリヤンカブット氏と地元の著名な僧侶であるプラ・レック・サレアラップ氏(65歳)を同行させて家宅捜索を行った。ウドンターニー警察によると、被害者の母親であるカーン・チャンタラカントリ氏が、ルドルフとの対決中に息子が最近の土地売却で得た30万バーツ近くが消えてしまったと主張したことが、家宅捜索の理由だという。

警察は、これらの主張を裏付ける証拠を見つけられなかったとしながらも、この問題はまだ調査中であると述べました。また、事件の真相を究明するため、双方の供述や主張を全面的に調査するとしている。

ルドルフ氏がウドンターニー警察に提出した事前の供述によると、侵入者のサティエン・チャンタラカントリ氏(53)が10月3日の深夜近くに自宅の壁を登ってきて、銃器を持って金を出せと脅してきたという。ルドルフ氏によると、侵入者を拒否して武装解除し、殴って縛り上げた後、すぐに警察に通報したとのことです。彼は、男が自分や家族を傷つけるのを阻止するつもりだっただけで、男を殺すつもりはなかったと主張しています。

しかし、上記の参考記事にあるように、サティエンの家族の発言は、殺された彼にはお金の問題はなく、ルドルフ氏との事件の時には30万バーツ近い土地を売ったばかりで、そのお金は物理的に持っていたと主張している。サティエンの母親であるカーン・チャンタラカントリ氏によると、サティエンはルドルフ氏の妻とそれほど秘密ではない不倫関係にあり、2人の対立はこの問題に関するもので、強盗未遂ではなかったという。

ルドルフは当初、他人を暴行して死亡させた罪で起訴され、故人は夜間の不法侵入、公共の場での銃器の携帯、殺人未遂の罪でも起訴されました。

村長のブアセン・スリヤンカブット氏は、襲撃現場でタイの関連報道機関の取材に応じ、事件現場に最初に呼ばれた人物であり、ルドルフ氏の話は後に警察に伝えられた内容と一致していると述べた。また、ルドルフ氏の妻は、殺害された侵入者とは初対面であり、面識もなく、何の関係もないと主張しているという。

警察は引き続き事件の調査を行っています。AP通信は、10月5日(火)、ルドルフ氏とその妻に、サティエン氏の家族からのクレームについて話を聞こうとしましたが、ルドルフ氏はコメントを拒否し、この件については、彼の法律チームと裁判所のシステムに委ねるとしました。