54歳の女性がココナッツの皮むき機に挟まれて重傷を負い、手を失いそうになる(チョンブリ)。

チョンブリ

昨日(2021年10月6日)、ムアン・チョンブリで、54歳の女性がココナッツの皮むき機にはまり、右手の5本の指を失った。

10月6日(水)の午後、Makham Yeng地区のSoi Yan Poe Thongにあるココナッツミルクの店で事件が発生したことが救急隊員に知らされました。

初動部隊が店に到着すると、ジャントラ・パオディーさん(54歳)が電動のココナッツ皮むき機に右手を挟まれていました。

救助隊は、油圧カッターを使って彼女の手を解放しました。機械から完全に外すのに約30分かかりました。救助隊によると、ジャントラさんはこの事故で右手の5本の指を失ったが、手の切断は免れたという。ジャントラさんは緊急手術のために救急病院に運ばれました。

彼女の雇用主は、関係機関による事故の更なる調査を待って名前を伏せましたが、パタヤニュースチームに「機械が手袋や緩い素材を引っ掛けて中に入れてしまうことがあるので、ジャントラさんには機械を使うときには手袋をしないようにいつも言っています。しかし、彼女はそれを聞かず、手袋をして機械を使用していたため、機械の中で動かなくなってしまったのです。"

なお、今回の事件に関して、法的措置がとられるかどうかは、現時点では不明です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)