昨晩、サムットプラカーンの検疫ホテルで火災が発生し、数十人の検疫対象者が避難したが、負傷者はいなかった。

PHOTO.今日の投稿

サムットプラカーン

10月6日夜、サムットプラカーン県バンプリ地区にあるCovid-19 State Quarantineの宿泊施設で火災が発生した。隔離されていた80人以上のタイ人と外国人が避難しました。

午後9時頃、海外からタイに帰国する人たちが利用する有名な検疫ホテルの地下から濃い煙が出ているとの通報を受け、消防隊員とバンケオ警察署の警察官が現場に到着しました。

上の階に隔離されていた約80人の外国人とタイ人は建物から退避させられ、同じくPPEの防護服を着たRuamkatanyu Foundationのスタッフと消防隊員は、煙を分散させるために地下に水を撒き始めてから部屋に近づきました。鎮火には30分以上かかったと報告されています。

PHOTO:サヌーク

ホテルのマネージャーであるNuttawut Arunanonchaiは警察に、地下にあったのはスヌーカー・ルームで、政府のCovid-19政策のために2年近く使われていなかったと語った。TPNメディアによると、スヌーカー・ホールやプール・ホールは、ほとんどの国で半年連続で閉鎖されており、以前にも閉鎖されたことがあるという。

従業員がNuttawutに「部屋から煙が出ているのを見た」と言ってから、地元の消防隊員を呼んで点検してもらった。最初の検査によると、接続されていた電源コードで短絡が検査され、ワイヤーが溶けて近くのワイヤーに火花が散った後、大量の煙が発生しました。なお、この事故による負傷者および死亡者は出ていないとのことです。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)