読者のトークバックサムイ島のような「ワクチン・グリーン・ゾーン」がパタヤのバーやアルコール関連施設でも機能すると思いますか?

タイ

以下は、ニュースの話題性のある質問を読者に投げかけ、見識やご意見を伺う週刊誌の特集です。読者からのフィードバックを1週間後に共有し、多様で興味深い回答をピックアップしています。

今週は、サムイ島で行われている、アルコール関連施設の出店を許可するワクチン・グリーンゾーン計画について、読者の皆様のご意見を伺いたいと思います。

まず、「ワクチン・グリーンゾーンとは一体何なのか?

これは、基本的にすべてのレストランでアルコールの販売を許可しているプーケットとは大きく異なるプランです(ただし、厳密には、プーケットではバーの営業は禁止されており、すべてのスタッフは予防接種を受けなければなりません)。もう少し詳しく知りたい方は ここをクリックすると、弊社とは関係のないKo Samui Lifeからの情報をご覧いただけます。

 

そこで、私たちの質問です。サムイ島のような「ワクチン・グリーン・ゾーン」は、パタヤのバーやアルコール関連施設でも機能すると思いますか?

時間のない方のために、ワクチン緑地計画の基本は以下の通りです。

-登録を申請し、市の職員から個別に許可を得る必要がある。(そう、基本的には別のライセンスなのだ。)

-すべてのスタッフはCovid-19の完全な予防接種を受けなければならない。

-飲食店は、1~2メートル以上離れた場所にテーブルを設置すること、レジにバリアを設置すること、定員の50%以下のお客様しか受け入れられないことなど、公衆衛生省が定めたガイドラインに従わなければなりません。

-技術的には、今はレストラン用のみです。

-「ワクチン・グリーンゾーン」プログラムのレストランをご利用のお客様全員 完全な予防接種を受けていること 公衆衛生省が指定する条件に従って、または レストランでは、ワクチンを接種した人としていない人の間でゾーンを分けなければなりません。 

この計画は、半年間の閉鎖や禁止の後、ビジネスを再開したり、アルコールを提供したりするための一時的な方法としても、うまくいくと思いますか?それとも、パタヤはプーケットを真似て、最初から全てのレストランでのアルコール提供を認めるべきだと思いますか?それとも、当局は最終的に、注意事項やルールを設けた上で営業を許可すべきでしょうか?おそらく、収容人数の制限、屋外や小さな会場、バーなどから始めるのではないでしょうか?バーはそのルールに従うと思いますか?パタヤ/ジョムティエン/ナクルアには何千ものアルコールを提供するレストラン、ホテル、バーがあり、その数はサムイ島よりも多いことを覚えておいてください。....、これは原理的にうまくいくでしょうか?

皆様からのご意見をお待ちしております。ソーシャルメディアチャンネル、下記のコメント欄、または非公開をご希望の場合は下記のメールアドレスまでご連絡ください。 [email protected] 来週早々には、いつものように結果を公表し、多様な回答を選ぶ予定です

 

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)