パタヤのセントラル・フェスティバルの前で、酒気帯び運転の車が屋台の売り子に突っ込む

パタヤ

昨日の朝、View Talay 6とCentral festivalの前にあるSecond roadで、酒気帯び運転の車が屋台の売り子数人に衝突した。 

昨日(9月30日)の午前11時にパタヤ市警察に事故の連絡があった。ばんざいパタヤセカンドロードのView Talay 6とCentral Festivalショッピングモールの前にあります。

この記事の動画版はこちらでご覧いただけます。

彼らとパタヤニュースの記者が現場に到着すると、破損した白い車、屋台、そして数人の屋台の店員がいましたが、ほとんど怪我はありませんでした。

運転手の名前は警察からは明かされていませんが、事故現場からすぐ近くのソイ9にあるパタヤ市警察署に搬送されていました。パタヤ警察によると、朝の11時にもかかわらず、運転手は非常に酔っていたため、現場で供述を取ることができず、すぐに処理したとのことです。警察署で血中アルコール濃度の検査を行うことになった。

食べ物を売っていたサコーン・リンジャンさん(42歳)は、パタヤ・ニュースの取材に対し、「私が食べ物を売っていたとき、車は高速でコントロールを失ったようで、屋台の列に衝突しました。運転手は完全に酔っぱらっていて、歩くことも話すこともほとんどできなかった。朝の11時にこんな酔っぱらいがいるのか?私や他の屋台の出店者が何とか飛び退いて、軽い傷を負っただけで済んだのはとても幸運でした。しかし、複数の商品が破損し、カートにも物理的な損傷がありました。"

パタヤ警察によると、運転手は事件に関連した複数の罪に問われ、屋台への損害賠償責任を負うことになるとのことです。 容疑者は報道時点ではまだ拘束されています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
4.25 (4 票)