パタヤのビーチベンダーは、特に週末には国内の観光客からのビジネスが改善していると述べている

パタヤ

パタヤのビーチでは、ビーチパラソルの運営者、食べ物の販売者、マッサージセラピストなどの業者が、パタヤニュースの記者に対して、特に週末には状況が改善しており、彼らの生計も向上していると語っています。

しかし、Covid社以前の収益にはまだまだ遠いと付け加えた。

先週末の9月24日から26日までは、タイの祝日「マヒドル・デー」に伴う長期休暇と3連休でした。今度の週末は通常の週末となりますが、ビーチオペレーターの状態に関わらず、毎週末、ビジネス的には徐々に良くなってきています。

パタヤのビーチベッド運営者であるサンジャン・ピウポン氏は、パタヤニュースに対し、「主にバンコクや内陸部のチョンブリ県、東部県からの国内観光客が、特に週末にビーチに押し寄せています。これは、昨年のCovid-19の前や、6ヶ月間事件が発生しなかった時と比べても良くありません。しかし、この数ヶ月間の閉鎖(Covid-19のルールにより、4月から何度もビーチが閉鎖されていた)を経て、人々が戻ってきているのは良いことです。"

"この3連休で1日4,000~7,000バーツの収入があった。こんなに稼いだのは、Covid -19が発生する前以来です」。とSangjanは付け加えた。

「訪れた観光客の皆さんのお世話をするために、私たちは最善を尽くしました。中には、ここで食べ物を売っていることを知らずに、外から食べ物を持ってくる人もいました」。とSangjan氏。

「パタヤ市はビーチロードに車を停められるようにしてきました。 これにより多くの観光客が訪れるようになりましたが、駐車場はまだ十分ではありません。新しい駐車場がターミナル21に建設されており、ビーチへのシャトルサービスがあり、この問題を解決するために設計されています。また、徒歩で移動したい方には、駐車場からビーチまで約5~10分で行くことができます。とサンジャンは指摘する。

「パタヤでは、11月と12月に花火大会、ロイクラトン祭り、ビーチでのフードフェスティバル、ミュージックフェスティバルなど、多くのイベントを計画しています。これらのイベントは中央政府の最終承認が必要ですが、パタヤに何千人もの国内観光客をもたらし、私たちのビジネスと経済全体に貢献しているので、ぜひ実現してほしいと思います。ほとんどのビーチベンダーは、コヴィド-19の予防接種を受けており、観光客を迎える準備ができています」。とSangjan氏は締めくくりました。

TPNメディアによると、Covid-19命令の一環として、地元のビーチではアルコールの消費と販売が公式に禁止されていますが、実際には規則の施行は微妙なようです。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)