タイ気象局の予報によると、今後7日間は雷雨や孤立した大雨から非常に強い雨が降るとのことです。

ナショナル

本日9月22日、タイ気象局は、本日から27日までの7日間、タイでは雷雨が発生し、孤立した大雨から非常に激しい雨が降るとの予報を発表しました。

一般に、9月21日から24日の間、モンスーン・トラフが北下部、中部、東部、北東部に位置し、アンダマン海やタイ湾では南西モンスーンが強まるため、タイでは雷雨が発生しやすく、孤立した大雨から非常に激しい雨が降る可能性があります。

25日から27日にかけて、南シナ海にある活発な低気圧がベトナム中部に移動するとともに、タイの中部、東部、北東部の下部にあるモンスーントラフに沿って移動し、タイでは継続的に雨が降り、孤立した大雨から非常に激しい雨になる見込みです。

タイ北部では、期間中、散発的な雷雨や孤立した大雨が予想され、最低気温は22℃、最高気温は35℃となります。

タイ北東部では、21日から24日にかけて散発的な雷雨が予想され、25日から26日にかけては単発的な大雨から非常に激しい雨が予想されており、最低気温は22℃、最高気温は34℃となっています。

中部地方やバンコク首都圏では、期間中、雷雨が散発的に発生することが予想されますが、21日から22日、25日から26日にかけては、孤立した激しい雨や非常に激しい雨が降ることが予想され、最低気温は23℃、最高気温は34℃となる見込みです。

チョンブリやパタヤなどのタイ東部では、21日から22日、25日から26日にかけて、広い範囲で雷雨が予想されていますが、孤立した激しい雨や非常に激しい雨が予想されています。波の高さは2m程度、雷雨では2m以上と予想されています。

南部の州では、期間中、散発的な雷雨とかなり広い範囲の雷雨、および孤立した大雨が予想されます。波の高さは、東海岸では1~2メートル程度、雷雨では2メートル程度、西海岸では2メートル以上と予想されています。

また、北部、北東部、中部、東部、南部の危険な地域の人々に、厳しい状況に注意するよう警告しています。すべての船舶は、注意して進み、雷雨地域に近づかないようにしてください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)