コヴィド-19の感染者数および死亡者数は、ほぼすべての県で減少していると、タイ緊急疾病管理局長が本日報告した。

ナショナル

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、本日9月22日、ほぼすべての都道府県でCovid-19の感染者数および死亡者数が減少していることを報告しました。

タイ疾病管理局のタイ緊急疾病・健康被害対策部のチャウェットサン・ナムワット部長は、本日2021年9月22日、マレーシアとの国境が空いていることもあり、新たなクラスターが絶えず発見されている南部地域の4つの県を除いて、全国的にコヴィド-19の感染傾向が減少していることを明らかにしました。

また、一般的なコビットワクチンの接種については、国内での最初の割り当てから累積で46,023,016回、現在は811,915回増加していることが報告されました。

PHOTOBMAヘルス

ダークレッドゾーンの29県では、63%の注射が60歳以上の高齢者をカバーしています。バンコク、パトムタニ、チャチェンサオでは70%以上の高齢者が、ペッチャブン、ナコンナヨックプラナコーン、シーアユタヤ、シンブリ、プラチュアップキリカーンでは50%以上の高齢者が予防接種を受けています。

60歳以上の高齢者の全国におけるコヴィド-19の初回注射の平均回数は55%です。同局は、9月末までに全国の高齢者の70%が初回の注射を受ける一方、10月には高齢者の70%が完全に予防接種を受け、その他の集団の50%が初回の注射を受けることを目標としていると述べています。

PHOTO: innnews

院長は引き続き感染症日報を発表し、外国人感染症が7人、収容者感染症が28人、累計で1,511,357人の感染者が出た。13,695人が完全に回復し、発生からの累積数は1,366,533人、129,071例が病院や野戦病院で治療を受けているという。これらのデータはすべて2021年9月22日のものです。

危篤状態の患者数は3,464人で、9月1日に報告された4,917人から減少しました。 Chawetsanによると、本日の人工呼吸器装着者数753名も、9月1日の1,040名から減少しています。

Chawetsanは報道関係者にこう述べています。「感染者数が減少したのは、特定の地域で新たなクラスターが発見された時点で、当局が積極的に対応したためです。新たなクラスターに遭遇した際には、近くで被爆していないか、同じ家に住んでいたり、同じ活動に参加していたりする感染者の身近な接触者がいないかなどを検査しました。"

"世界の感染傾向も緩和の兆しを見せています。バンコク首都圏も継続的に減少しています。危篤状態の患者さんも減っています。しかし、今後もCovid-19感染症をさらに減少させていくためには、様々な地域での小さなクラスターを防ぐことが厳しく求められます。とChawetsanは締めくくりました。

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)