パタヤが外国人観光客に開放されたら、まずインド人とロシア人をターゲットにする予定です。

PHOTO.ソフォンケーブルテレビ(STV)

パタヤ

パタヤビジネスツーリズム協会(PBTA)は、予防接種を受けた外国人観光客に街を開放する際、まずインドとロシアの観光客に焦点を当てる予定です。

パタヤビジネスツーリズム協会(PBTA)会長のブナナン・パッタナシン氏は、昨日9月21日午後、パタヤニュースに対し、「多くの都市が外国人観光客向けにオープンする計画を延期しているかもしれません。しかし、パタヤは早ければ10月1日にオープンする準備ができています。停留所ただし、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)の許可を得た場合に限る。"

PHOTO.ソフォンケーブルテレビ(STV)

「以前は中国からの観光客が最も多かったのですが、中国政府はいまだに自国民がツアーグループで国外に出ることを許可していません。さらに、中国では3週間の強制検疫が行われており、この時期に帰国できる国民の大半は、観光に支障をきたしています。中国は "Zero Covid "戦略を追求し続けているので、近い将来にこれが変わることはないでしょう。一方、タイとパタヤは "Covid-19と共存する "戦略に移行しつつあります」と述べています。ブーナノンはTPNメディアにこう説明した。

「そのため、現在は自国からの渡航が許可されているインドとロシアの観光客に焦点を当てています。彼らは今でもパタヤに興味を持っており、我々のビジネスや観光業界のパートナーからは、両国の国民がパタヤを訪れることに強い関心を持っているとの報告を受けています」。とブーナナン氏は付け加えました。

TPNメディアによると、私たち自身の編集者とスタッフは、タイ、特にパタヤがいつ検疫なしでインド人観光客に開放されるのかについて、様々な連絡ルートを通じて、特にインド人から毎週何十通ものメッセージを受け取っている。他の国の市民からの質問もあるが、圧倒的に多いのはこの質問だ。

「さらに、インドやロシアでは、国民が帰国する際の検疫に関する規則がないか、非常に限定的で緩いのですが、韓国や台湾などの他の観光地では、帰国時に検疫が義務付けられています」。ブーナノンはこう続けた。

「これも、海外旅行に行きたいと思っている観光客にとって大きな障害となる要因です。イギリスやオーストラリアなどの欧米諸国では、帰国時の検疫措置も充実しており、それらの市場が制限されてしまいます。しかし、アメリカはサンドボックスの主要な観光客供給国であり、帰国時の検疫や出国禁止の規定がなく、タイで規制が緩和されれば、ある程度の観光客を供給することになるでしょう。ただし、距離と価格の問題から、ロシアやインドの観光客には及ばないでしょう」。とブナノンは述べている。

「特にインド人観光客の最大の問題は、検疫以外にもあります。彼らはフライト時間が数時間しかないため、短期間の訪問がほとんどであり、彼らにとって受け入れがたいものですが、今年の初めからデルタ・バリアントの発生を懸念して、観光(ビジネスや家族との限られたグループを除く)やサンドボックス・プログラムでの訪問が制限されています。タイ国政府観光庁は、インド人観光客が現地での観光成功の大きな要因になると考え、特にパタヤが再開する前に、このインド人観光客の入国禁止措置を解除すべく、関連政府機関と緊密に連携しています。これはロシア人にとっては問題ではありません。彼らは観光を許可されていますが、検疫には関心がありません。と、ブナノンは付け加えました。

「多くの住民や経営者は、パタヤが検疫なしで外国人観光客に開放されたときに、再びパンデミックが起こるのではないかと恐れていますが、ビジネスコミュニティは は、企業の閉鎖、飲酒やナイトライフ、外出禁止令など、観光客に人気のある活動を制限するようなロックダウン対策は、長期的な解決策にはならないことを政府に訴えたいと考えています。. パタヤがオープンしても、特にワクチンを接種した人や無症状の人にCovid-19の症例がいくつか出た瞬間に、膝を打つような反応をして、ビジネス部門を閉鎖するようなことはできません。 パタヤは70%のワクチンを接種しており、CCSAが設定した今月中の再開という目標を達成し、観光客を迎える準備が完全に整っています」。とブナノンは語りました。

"経済問題は2年近く続いており、パタヤの観光経済やビジネスコミュニティに壊滅的な打撃を与えているため、経済は前進しなければなりません。ワクチン接種は明らかに解決策であり、Covid-19との共存と同様に、我々は前に進まなければならず、観光客を歓迎するためにロックダウンや制限を後ろ向きに考えるべきではありません」と語った。とブナノンさんは締めくくりました。

TPNメディアによると、パタヤがいつ外国人予防接種を受けた観光客を受け入れるプログラムを開始するかについて、CCSAとの会議がここ数日予定されており、来週の月曜日(9月27日)には主要な会議が行われるとのことです。

現在の提案と詳細については をクリックしてください。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボードまたは タンブラー

 

送信
ユーザーレビュー
1.88 (17 票)