ファクトチェック。早ければ10月にも再開するパタヤの「再開」について、現在の事実関係は?

パタヤ, タイ

  ここ数日、パタヤが早ければ10月にも「再オープン」するという計画について、相反する記事やメディアが注目を集めていますが、私たちは読者の皆様に現在の事実関係をお知らせしたいと思います。 これは、当社のスタッフが現地で数多くの会議に出席し、現地の状況を把握した上での情報です。

  この記事では、企画書の内容を詳しく説明するつもりはありません。 最近の提案をご存知でない方は、こちらをご覧ください。

  これが現在の事実です。

 

  1.現時点ではまだ正式な提案はありません。どれも提案・議論の場です。 その様子はこちらをご覧ください。

  2. パタヤは、ソンタヤ・クーンプリューム市長によると、上記の案でオープンする準備ができており、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)の要件を満たしています。その中には、市当局が言うパタヤ市の適切な70%ワクチン接種目標も含まれています。しかし、これは永住者や戸籍に基づいたものであり、大規模な外国人/移住者/トランジットコミュニティは含まれていないかもしれません。さらに、パタヤのようなCovidフリーゾーンでは80%を接種するというCCSAの先週の発言により、ゴールポストが動いている可能性があります。これには時間がかかります。

  3.開設」といっても、「フライインして、パスポートとワクチンの状態を振りかざし、たぶん1回のテストを受けて、好きなところに行く」というものではありません。この記事のトップにある提案を、変更されたり、さらに厳しくなる可能性があることを念頭に置いて、深く読むことを強くお勧めします。また、すべてのビジネス分野、特にナイトライフやバーなど、現在6ヶ月間連続して閉鎖されているものが、この提案の下でオープンできるという保証はありません。

  4. パタヤ市長のソンタヤ・クーンプリューム氏によると、本当の意味での「検疫なし」「限定的なルール」でのオープンは、早くても2022年1月以降になるだろうとのことです。それ以前の「オープン」は、前述の通り、多くのルールや制限があります。今のところ、大使館や領事館からのCOE(入国証明書)、保険、複数回のCovid-19テスト、SHA+ホテル(コンドミニアムではない)での滞在の義務化、それに伴うすべての書類作成などが必要です。

  5.他に「再開」の対象となる予定の場所は、バンコク、チェンマイ、チャアム、フアフンです。公衆衛生省とTATによると、パタヤは予防接種・準備を中心とした開通条件に最も沿っています。しかし、これはパタヤがオープンして他の地域がオープンしないということではなく、バンコクではいくつかの要因に応じて10月下旬から11月中旬の間にすべての準備が整うのを待つことになります。さらに、パタヤがバンコクに近いことや、人々がバンコクを離れることについて大きな懸念があり、つまりバンコクを先にきちんと予防接種してほしいと考えているようです。

  6.明日、9月23日(木)には、TAT、公衆衛生省、関連機関とCCSAとの公式会議が行われます。この後、週末にかけて小さなパネルから大きなパネルへと移り変わり、9月27日(月)には大きなミーティングが行われます。この会議では、緊急事態令、夜間外出禁止令、娯楽施設、ゾーン区分など、さまざまなことが話し合われます。 この会議の詳細はこちらをご覧ください。

  7. 来週初めまで正式な情報は出てこないようです。パタヤはいずれ開放されるのでしょうか?はい。市の職員は開放する準備ができていると感じているのか?はい。CCSAはパタヤのオープンを許可するでしょうか?最終的には、しかし多くの要素が絡んでいます。私たちは、飛行機のチケットを買わずに待つことを強くお勧めします。そして、私たちの定期的な報道に注目してください。私たちは、ここパタヤの状況について、常に事実に基づいた、現場での、集約されていない情報を提供します。

  8.タイ国政府観光庁のユタサック・スパソーン総裁は、本日9月22日、外国の報道機関に対し、観光都市の再開計画は、関係する地域がワクチン接種の目標を達成していないため、11月まで延期されたと述べました(ただし、前述の通り、パタヤは達成しています)。しかし、会議は今週末にも開催される予定で、CCSAの正式な決定はまだありません。

最後になりましたが、パタヤの最大の関心事は、すでに国内にいる人々を対象とした国内観光の許可を得ることです。パタヤでは、高いワクチン接種率とCCSAからの承認に期待して、今後数ヶ月の間に複数のイベントを計画しています。しかし、これらのイベントが実現するためには、最終的な承認と集会・制限ルールの緩和が必要であり、あくまでも暫定的なものです。

イベントの暫定的なスケジュールはこちらをご覧ください。

 

 

送信
ユーザーレビュー
4.83 (6 票)