タイ政府、疾病管理法の草案を承認、緊急令は "さらなる評価 "へ

ナショナル

タイの内閣委員会は本日9月21日午後、疾病対策法の修正案を承認し、緊急令とCCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)の終了についてはまだ同意していないことを宣言しました。

政府副報道官のラチャダ・タナディレック(Ratchada Thanadirek)は、多くのタイのメディアが9月末に緊急令の延長が終了し、CCSAが自動的に解散すると言及したことを受け、報道機関に対する政府の声明を明らかにしました。これは、午後の早い段階で関連機関から発表された、草案が緊急令に直ちに取って代わると思われる先行発表に続くものでした。しかし、ラチャダは、これらの発表は "misunderstood "と "lacking complete context" タイ政府の発表によると

また、伝染病法(B.E.2558)の改正案も官報に掲載されるまでは有効ではありませんが、今日の午後、タイ内閣によって原則的に承認されました。

彼女の声明によると、この修正案は、通常および重度の感染症の発生を予防、抑制、制御、排除するために必要かつ効果的な措置を可能な限り迅速に講じることを義務付けることにより、公衆衛生当局の下での緊急事態に対する管理効率を高めるものである。この修正案は基本的に、自然災害や戦争などのための緊急令法を、感染症法に置き換えることを可能にするものである。

「内閣は、政府がCCSAを解散し、緊急令を取り消すことには一切言及しませんでした。緊急令の延長は、CCSAと内閣によってさらに検討されるでしょうが、これには決まったタイムテーブルはありません」。ラチャダはそう締めくくった。

ラチャダ氏によると、タイ内閣とCCSAは、1年半以上にわたって施行されている緊急事態令の「可能性のある」解除について、今後1〜2週間のうちにさらに議論するようです。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
4 (4 票)