タイの1週間を振り返る。パタヤの "Move On "プロジェクトがプーケットの "Sandbox 7+7 "延長に加わることが決定、潜在的な外国人を惹きつける観光キャンペーンが承認される、など

PHOTO.タイラート

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル 先週、9月13日から19日までの間に、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだ記事とその解説をご紹介します。重要度は特にありませんが、公開日順に掲載しています。

1.パタヤの "Move On "プロジェクトは "Sandbox 7+7 "エクステンションと一緒に今年の10月にオープンする予定だと観光・スポーツ大臣が発表しました。

観光・スポーツ大臣は先週パタヤを訪問した際に、Move Onプロジェクトの「Sealed Area」パターンを経済状況管理センター(CESA)に導入し、プーケット島やサムイ島で既に適用されている7+7プランで外国人観光客にチョンブリへの旅行機会を提供することを表明した。彼の声明によると、このアイデアは先週の金曜日に議論されるはずでした。しかし、この件に関する公式な確認や更新は、まだ当局から行われていません。

パタヤの "Move On "プロジェクトが "Sandbox 7+7 "エクステンションと共に10月にオープン予定と観光・スポーツ大臣が発表

2.タイ内閣委員会、開国時に高額消費者である外国人を誘致するための複数のキャンペーンを承認

このキャンペーンでは、国内経済の活性化を目的として、4つのターゲットグループの高いポテンシャルを持つ外国人を誘致するために、10年間の居住者ビザの発給やいくつかの関連規則の改正が主に認められています。政府は、最終規則が官報に掲載された場合、これらのキャンペーンによって年間約1兆バーツの追加収入が得られると見込んでいる。詳細は以下の記事をご参照ください。

タイ内閣委員会、開国時に高額消費者である外国人を誘致するための複数のキャンペーンを承認

3.タイ保健省、11月中旬までに12歳から18歳までのすべての学生が「現場」での学習に先立ち、Covid-19の完全な予防接種を受ける見込みと発表

政府は、全国の12歳から18歳の学生に対するファイザー社製ワクチンの注射を加速するための一定の措置を計画しました。公衆衛生省の計画によると、10月の第1週に1回目の注射を開始し、一部の子供たちは10月末に2回目の注射を受けます。登録されているすべての生徒が、11月15日までに徐々に2回目の注射を受け、すべての教育機関が現場での学習を完全に行うことができるようになる見込みです。この計画では、外国人教師を含む教職員の接種や、学校での生徒の定期検査も対象となっています。

タイ保健省、11月中旬までに12歳から18歳までのすべての学生が「現場」での学習に先立ち、Covid-19の完全な予防接種を受ける見込みと発表

4."バンコク・サンドボックス "や検疫なしの観光はまだ政府機関で承認されていないとタイのCovid-19センターが発表

CCSAは、予防接種を受けた外国人観光客を10月15日から検疫なしでバンコクに迎えるという観光・スポーツ大臣の以前の発表を否定し、この問題はまだどの関連当局からも検討・承認されておらず、公衆衛生省からのみ提案され、さらに検討されなければならないと述べています。また、観光大臣との会合に参加したとされるバンコクのアスウィン・クワンムアン知事も、「バンコクの人口の70%未満が完全にワクチンを接種しているため、バンコク・サンドボックス・スキームは運営できない」と同様の拒否反応を示しました。しかし、これは永久的な拒否ではなく、10月中旬から下旬にかけて、より多くの人々がワクチンを接種するまで、さらに延期されることになります。

"バンコク・サンドボックス "や検疫なしの観光は政府機関がまだ承認していないとタイのCovid-19センターが発表

と、今週はここまでです。いつもながらパタヤニュース/TPNニュースを読んでいただきありがとうございます

Psst.... もっと見たいですか? TikTokはこちらからご覧いただけます。

送信
ユーザーレビュー
2 (1 投票)