死刑判決から告訴棄却まで。タイ最高裁が下した「クック&ジェラード麻薬事件」の判決について

以下は、Thailand Bail Legal Servicesのプレスリリースです。彼らの発言や意見はすべて彼ら自身のものです。

死刑判決から告訴棄却まで。タイ最高裁が下した「クック&ジェラード麻薬事件」の判決について

この事件は、控訴審での死刑判決から19ヶ月の検討期間を経て、最高裁で完全に棄却されました。被告であるオーストラリア人のルーク・ジョシュア・クックとアメリカ人のタイラー・ジェラード(別名:タイラー・ジョセフ・フルトン・シーン・ジェラード)は、それぞれ約4年と6年の獄中生活を経て、刑務所から出て、タイから出て、故郷に戻りました。これは、当事務所にとっても、クライアントにとっても、そしてタイの法制度にとっても大きな勝利であると信じています。

以下に、本件に関する事実を記載します。

  • ルーク・ジョシュア・クック氏とタイラー・ジェラード氏は、もともと2017年12月にこの事件で逮捕されました。あれから約4年が経ちました。2018年11月09日、第一審裁判所(ラヨーン州裁判所)は判決を読み上げ、両被告に死刑を宣告しました。この判決は控訴され、2020年02月26日にルーク・ジョシュア・クック氏、2020年03月19日にタイラー・ジェラード氏がそれぞれ第2地域の控訴裁判所で判決が読み上げられました。両被告の死刑判決は支持されました。
  • その後、私たち法律事務所タイランド・ベイルは、ルーク・ジョシュア・クック氏とタイラー・ジェラード氏の両名を代理して、第一審裁判所と控訴裁判所から受けた死刑判決に対する最高裁への上告を行いました。私たちは、2020年2月と3月に死刑判決が下された後、最高裁への上告に向けて動き出しました。
  • 控訴審判決から19ヶ月後の2021年9月14日、最高裁への上告に基づく判決日の審理で、両被告の代理人を務めました。
  • 2021年9月14日の判決では、販売目的での輸入と、かなりの量の第1級麻薬であるクリスタル・メタンフェタミンの販売目的での所持という、すべての容疑を完全に棄却しました。
  • ルーク・クックさんとタイラー・ジェラードさんは、オーストラリアとアメリカのそれぞれの国に戻っていますが、私たちは彼らの迅速な国外退去を支援しました。

先行事例の詳細はこちら ここをクリックすると、「Region 2 Police in 2020」の記事をもとにした先行記事をご覧いただけます。 The statements made in this article are those of police at the time and not those of TPN media.

送信
ユーザーレビュー
4.8 (5 票)