夜間外出禁止の時間帯に酒気帯び運転でピックアップトラックをパタヤの道路バリアに衝突させる

PHOTOイークション・ニュース

パタヤ

昨日の早朝、パタヤで夜間外出禁止令が出ている中、酒に酔った建設業者がピックアップ・トラックを道路のバリアに衝突させた。

パタヤ市警察には、9月16日午前12時16分に事故の連絡があった。ばんざい) をノングプーの自動車道に設置しました。Covid-19の影響で、7月20日から午後9時から午前4時までの夜間外出禁止令が出されています。

現場に到着した救急隊員は、破損したピックアップトラックと、わずかに破損した数本の道路障害物を発見しました。

飲酒運転をしていた建設請負業者のピサーン・トンタ氏(35歳)は、名前を公表していないガールフレンドと一緒にピックアップトラックの中にいました。二人とも軽傷を負っていましたが、治療を拒否していました。

ピサーン氏は、第一報によると「一晩中お酒を飲んでいたら、自分が監督している建設作業員がキャンプで口論をしているという緊急電話がかかってきた。夜間外出禁止令が出ていたにもかかわらず、また大量の飲酒をしていたにもかかわらず、問題解決のために急いで自宅から車でキャンプ地に向かいました」と認めました。

"事故の前に他の車が私の車のリアバンパーにぶつかってきて、道路のバリアに突っ込んでしまい、コントロールを失った。"ピサーン氏はこうも主張している。

パタヤ市警察は、もう一台の車の痕跡をすぐには見つけられず、警察官によると、事故をはっきりと見渡せるはずの周辺のCCTVを検査すると述べています。原因が何であれ、パタヤ警察によれば、Pisarn氏は飲酒運転の罪でも起訴されるとのことです。警察は、Pisarn氏が夜間外出禁止令違反でも起訴されるかどうか、すぐには決定しなかった。

PHOTOイークション・ニュース

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)