タイ気象局の予報では、今後7日間、散発的な雷雨と孤立した大雨が予想されています。

ナショナル

本日9月17日、タイ気象局が発表した7日間の天気予報によると、タイでは9月17日から22日まで、雷雨が散発し、大雨が孤立して降るとのことです。

一般的には、9月17日から19日にかけて、アンダマン海、タイ、タイ湾で発生する南西モンスーンの勢力が弱まり、全国的に雨が少なくなり、北部、東部、南部(西海岸)で孤立した大雨となるでしょう。

20日から22日にかけて、フィリピンの東にある活発な低気圧が強まり、南シナ海を通ってベトナム中部沿岸に移動するため、北下部、北東下部、東部、中部では孤立した大雨となり、雨が多くなる見込みです。

タイ北部では、17日から20日にかけて散発的な雷雨と孤立した大雨、21日から22日にかけて散発的な雷雨と孤立した大雨が予想されており、最低気温は22℃、最高気温は35℃となっています。

タイ北東部では、17日から19日にかけて雷雨が散見され、20日から22日にかけては雷雨が散見されたり、かなり広範囲に渡って降ったり、孤立した大雨が降ったりする見込みで、最低気温は22℃、最高気温は34℃となっています。

中部地方では、17日から20日にかけて散発的な雷雨が予想され、21日から22日にかけては散発的でかなり広い範囲の雷雨と孤立した大雨が予想されています。また、バンコク首都圏では、散発的な雷雨や孤立した大雨が予想されています。

チョンブリやパタヤなどのタイ東部では、17日から19日にかけて散発的な雷雨と孤立した激しい雨が、20日から22日にかけては散発的な雷雨と孤立した激しい雨が予想されています。波の高さは1メートル程度、雷雨では1~2メートル程度と予想されています。

南部の州では、21日から22日にかけて雷雨が散在し、孤立した大雨になる見込みです。波の高さは、東海岸では約1メートル、雷雨では約1~2メートル、西海岸では約1~2メートル、雷雨では約2メートルと予想されています。

また、北部、北東部、中部、東部、南部の危険な地域では、厳しい状況になる可能性があるため、注意が必要です。20日から22日の間、すべての船舶は注意して進み、雷雨の地域に近づかないようにしてください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)