タイ保健省、11月中旬までに12歳から18歳までのすべての学生が「現場」での学習に先立ち、Covid-19の完全な予防接種を受ける見込みと発表

PHOTO.マネージャーオンライン

ナショナル

タイ公衆衛生省は、11月15日までに全国の学校で「現場」での学習が正式に開始される前に、全国の生徒がファイザー社製のワクチン2回分の接種を完了することを期待しています。

本日9月16日、教育省のSuphat Champatong次官は、12歳から18歳までの学生にファイザー社製のワクチンを接種するための配分計画の進捗状況を明らかにしました。公衆衛生省はまず、すべての教育機関に学生の名前と人数を準備するよう命じ、9月10日から17日にかけて、配分情報の提供とワクチンに対する相互理解のために関係機関との会合を開きます。

9月17日~22日に、教育機関が子どもの予防接種に関する保護者との理解会を開催します。9月22日から24日にかけて、教育機関は保護者に子どもの予防接種に関する同意書への署名を呼びかける。その日のうちに、学校側は、注射を受けることに同意した生徒の正確な数を知ることができます。

TPNメディアは、両親が同意しない子どもたちがどうなるのか、対面式の学校に通うことができなくなるのかどうかは明らかではないと指摘している。 

PHOTO.プラチャット

Suphat氏はこう述べています。"スケジュール通りに進行すれば、10月の第1週に1回目の注射が始まり、10月末には2回目の注射を受ける子どもも出てきます。登録されているすべての生徒が11月15日までに徐々に2回目の注射を受ける見込みで、その結果、ダークレッドゾーンの州の一部の学校では、早ければ11月1日から現地での授業を開始することができます。"

"また、学生の予防接種が計画通りに進めば、11月15日までに全国の基礎教育委員会事務局(OBEC)および職業教育委員会事務局(VEC)傘下のすべての教育機関が出張学習を完全に実施できる見込みである。"

TPNメディアによると、地方を中心とした一部の地域では学校が運営されているものの、コヴィド-19の感染の震源地となっている他の「暗赤色」の州では、学校がほぼ6ヶ月間停止しており、この提案に基づいて生徒たちが学校に戻ることが認められる頃には7ヶ月間になるという。

また、外国人教師を含む教職員の100%のワクチン接種や、学校での生徒の定期的な検査も目標としています。また、ワクチンの接種率が高く、ほとんどの生徒が無症状であるにもかかわらず、陽性と判定された生徒がどうなるのか、あるいは学校や地区全体を閉鎖するような「突然の反応」につながるのかどうかは、まだ明確になっていません。

公衆衛生省は、3歳以上の子供へのシノファーム社製ワクチンの注射を許可する可能性について、タイ政府の関連機関が引き続き検討していると述べているだけで、現時点では幼い子供への対応については明らかにしていませんが、さらなる調査とタイFDAの承認が必要です。初期の提案では、ワクチンを接種できない年齢の生徒に対して、毎日ではなく定期的に抗原検査を行うことを提案しています。

この提案は、温度チェック、マスク着用の義務化、社会的な距離の取り方など、学校の安全を守るための包括的な計画と組み合わせることを意味しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)