タイにおける10月のCovid-19感染者数は、規制緩和の継続により増加する可能性があると公衆衛生省が発表

ナショナル

タイ保健省は、本日9月15日、一部の企業や活動が再開され、Covid-19の規制がさらに緩和された後、10月の(Covid-19による)感染者数が増加する可能性があるとの見通しを示しました。

疾病管理局の緊急健康障害・疾病担当ディレクターであるチャウェットサン・ナムワット博士は、記者団に対し、タイにおけるコヴィド-19の状況は、部分的なロックダウン対策やワクチン接種プログラムにより、重篤な症状を呈するケースや死亡例は最近減少していると述べました。しかし、特に危険な場所に行くこと、一緒に食事をすること、家族間での感染などから、まだ多くの地域でいくつかのクラスターや広がりが見られます。

院長はまた、感染拡大の危険性があり、感染率が高く、10月には新たな患者が増える傾向があるかもしれないので、特に活動に参加するとき、旅行に行くとき、他人と会うとき、他人と接触するときなど、できる限り注意してほしいと強調しました。

「感染者数を最小限に抑えるためにも、常に自己防衛を徹底し、コビド19の予防接種を受けていただきたいと思います」と締めくくった。

Chawetsan氏は、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)が10月に規制をさらに緩和する可能性があることを認めた。 ワクチンを接種した外国人観光客を呼び戻す計画の一環として、一部の地方では しかし、人々には慎重な姿勢を求めました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)