タイの観光大臣とバンコク都知事は、バンコクは10月15日からワクチンを接種した外国人観光客を検疫なしで受け入れる準備ができていると述べた。

タイ・バンコク

  フィパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ大臣は本日、アサウィン・クワンムアンバンコク都知事およびタイ国政府観光庁の関係者と会談し、ワクチン接種を受けた外国人観光客に10月からバンコクを開放する案について協議しました。

まず、TPNメディアが強調したいのは、これはまだ提案であり、「定まった」ものではないということです。しかし、この提案は迅速に進められており、今週の金曜日と来週には、さらなる承認を得るために関係機関に提示される予定となっています。しかし、この記事では、この提案の詳細については触れません。 今回の提案については、こちらをクリックしてご覧ください。

 

この提案は10月1日を目標としており、チョンブリ(特にサタヒップとパタヤ)、ホアヒン、チャアム、チェンマイも対象となっています。ピパット大臣によると、これらの4つの地域は、10月1日からOne SOP提案の一環として、外国人ワクチン接種済みの観光客を受け入れる準備ができているとのことです。しかし、バンコクはもう少し時間が欲しいと要求し、それが認められたようです。

今日の午後に行われたPhiphatとAsawinの共同記者会見によると、バンコクは10月15日までにバンコクの全地区で70%を接種する必要があるとのことです。当初の計画では、観光客をバンコクの特定の地区のみに限定することが検討されていましたが、それは白紙に戻され、One SOP対策の一環として、バンコクのすべての地区を開放することが提案されるようです。

TPNメディアでは、今週末に予定されている会議で、提案の承認や計画に関する具体的な詳細や規制が検討される様子を綿密にフォローし、取材します。なお、現時点ではOne SOPの提案はあくまでも提案であり、最終決定ではないことを強調しておきます。

要するに、この提案はプーケット・サンドボックス・プログラムに似たもので、ワクチンを接種した外国人観光客に、特定の地域で14日間に限りますが、移動の自由を与えるというものです。入国にはCOEが必要で、保険に加入しなければならず、SHA+ホテルに宿泊し、モバイルアプリケーションによるトラッキングを可能にし、定期的にCovid-19テストを行うなどの規制や規則がありますが、プーケット同様、観光客はゾーン内のどこにでも行くことができ、特定のツアーグループや限られた「承認」された場所に縛られることはありません。特にバンコクの計画は、ビジネス旅行の分野を大きく後押しする可能性があると見られています。

提案の一部は、新しいエリアを7×7プログラムの一部として含め、「ゾーン」に7日間滞在した後、次の7日間は別のエリアを訪れることができ、14日後には国内での自由な移動が可能になりますが、各州の規則や制限に従う必要があります。

送信
ユーザーレビュー
3.5 (4 票)