タイ政府、社会的悪影響を及ぼす広告を規制する規則を閣議決定

ナショナル

昨日9月14日、タイの内閣委員会は、社会的に悪影響を及ぼす可能性のある広告メッセージや、タイの最高機関を暗示するメッセージを規制するための法律や規則を発行することに合意しました。

政府副報道官のTraisulee Traisoranakul氏によると、同委員会は、公衆に危険や害を及ぼす可能性のある商品やサービスの広告を規定する省令案や、映画館や看板でのアルコール飲料やカフェインを含む飲料の広告を取り消す案を承認したという。

このような広告には、おまけやギャンブルによる報酬、景品や権利・特典を無料で提供するようなメッセージも含まれているそうです。

また、法的に登録されていない、または詳細を特定せずに登録されたマンションの広告や、法律で定められた条件に沿って具体的な内容を特定せずに土地やマンションの販売を提供することも禁止されます。

この規制案では、国王陛下、女王陛下、後継者に任命された方、摂政に言及したメッセージや広告も、法律で定められた記述や王室の許可を得たものでない限り、王室の許可を得ずに行われたものも含まれます。

また、映画館や看板でのアルコール飲料やカフェイン含有飲料の広告については、2008年のAlcoholic Beverage Control ActやFood Actなど、広告を具体的に規制する類似の法律が存在するため、取り消し案をさらに検討します。これにより、すべての法律が「同じページ」に記載され、グレーゾーンがないことが保証されます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)