プーケットの民間企業は、外国人観光客の増加に向けて、サンドボックス・プロジェクトの施策をさらに緩和することを求めています。

PHOTO.タイポスト

プーケット

地元企業の民間部門の代表者は、タイ政府に対し、プーケット・サンドボックス・プロジェクトへの各国の外国人観光客の参入を歓迎し、レストランでのアルコール飲用を許可するよう求めました。

プーケット商工会議所のThanusak Phungdet会頭は、昨日9月13日に行われたJurin Laksanavisit商務大臣との会談で、観光・スポーツ省が島でスポーツイベントや美人コンテストを開催するので、政府は島をより多くの外国人観光客に開放すべきだと述べた。

TPNメディアによると、今回の提案は、Pattaya Move Onを含む他の観光プロジェクト案にも推し進められているという。

Thanusak氏は報道陣にこう述べています。「政府は現在、感染症のリスクが低~中程度の70カ国にプーケットへの入国を許可しています。しかし、アフリカや南米など、他の国からの観光客の多くは、イベントを見に来たいと思っているかもしれませんが、地元政府にはそれを許可する権利はありません」と述べています。また、インドはまだタイへの観光客の入国が禁止されており、タイ王国への訪問に大きな関心を示しています。"

「7月から8月にかけて、プーケットサンドボックスを訪れた観光客は31,000人でした。 プーケットのサンドボックスからコヴィド-19の陽性反応が出たのは89人だけで、およそ0.29%であり、ワクチンを接種した外国人観光客は信じられないほど安全でリスクが低いことを示しています。.もし、タイがすべての国からの観光客の入国を認めても、Covid-19の検査や注意事項については同じ原則を採用しているのであれば、問題にはならないと思います」。とThanusak氏は付け加えた。

プーケット観光協会(PTC)のタネット・タンティピリヤキット会長は、プーケットとタイの感染症の数を区別し、外国人に島を訪れてもらうために、「プーケット・サンドボックス」と「アンダマン・サンドボックス」のエリアを特別な色でコード化することを提案した。 また、プーケットで1日に数百人が感染しているのは、サンドボックスを訪れた外国人や、サンドボックスで働いている人たちではなく、主に島の各地でワクチンを接種していない出稼ぎ労働者や漁師によるものであることを、より明確にすることも提案した。

社長はこう述べています。「感染率がタイ国内とは異なることを証明するために、プーケットには異なるカラーコードを導入し、含めるべきだ。現在、国内の観光客がプーケットを訪れようとすると、アクセスの制限、保険の加入、レッドコードエリアへの立ち入り制限など、さまざまな問題に遭遇している。"

"観光のハイシーズンが近づいており、可能であれば、観光産業の利益のために、すべての砂場に新しいカラーコードを導入したいと考えています。"

また、プーケットは日本の観光産業にとって最も重要な国内市場であることから、地元当局はホテルを含む空調の効いたレストランでアルコール飲料をある程度販売できるようにするなど、国内ビジネスを活性化するためのキャンペーンを実施しました。

これは、プーケットの地元メディアが、今年4月以降、ほとんどのスタッフが完全に予防接種を受けているにもかかわらず、国の命令によって閉鎖されているナイトライフやエンターテイメント業界の不満が高まっていることを受けたものです。この業界は、政府やCenter for Covid-19 Situation Administrationに対して、バーやクラブ、ラウンジなどの合法的な営業を許可してほしいと訴え続けています。ひとつの提案として、まずは屋外やオープンエア、フロントにあるバーの開店を認めようというものがありました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)