チョンブリでじっと見ていた男性をハンドトラックで殺害した容疑者を逮捕

PHOTO:カオチャド

チョンブリ

ムアン・チョンブリで、ハンドトラックで男性を殺害し、殺人を認めたとされる34歳の男性容疑者が逮捕されました。この殺人は、被害者が自分を見つめていたことが原因とされています。

まず、この記事の動画版はこちらでご覧いただけます。

2021年9月14日の午後、警察署長のニタット・ウィーンプラダップ大佐が率いるムアン・チョンブリ警察のチームが、バーンスアン小地区で再現実験を行いました。

ニタット大佐はパタヤニュースに対し、"容疑者のウィサトーン・タワンナ氏(34歳)は逮捕され、殺人罪で起訴されている "と語った。

"土曜日(9月11日)にばんざい)容疑者は、レンタルルームの前でSawasdee Moonta氏(42歳)と口論になりました。口論の発端は、付近を歩いていたムーンタ氏が、容疑者をじっと見ていたため、対立したとされています。"とニタット大佐は述べています。

「Sawasdee氏が所持していたナイフで身を守ろうとしたのに対し、Wisathorn氏は口論の場となったレンタルルームの外に置いてあった赤いハンドトラックで攻撃してきました。Sawasdee氏はその場で死亡が確認され、Wisathorn氏はそのまま走り去ってしまいました。周辺のCCTVを使って彼を追跡し、逮捕することができました」。とニタット大佐は説明する。

Wisathornは、「Sawasdeeが私を見つめて不快にさせたため、口論になった」と認めたと報じられています。私は彼を殺すつもりはなく、彼がナイフを持っていたので、ハンドトラックを使って身を守ろうとしました」と認めています。

Nitat大佐によると、Mueang Chonburi警察は、Moontaも武器を持っていたにもかかわらず、Wisathornが主な加害者だったと考えているそうです。

PHOTO:カオチャド

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)