タイ内閣委員会、開国時に高額消費者である外国人を誘致するための複数のキャンペーンを承認

ナショナル

本日9月14日、タイの内閣委員会は、タイの再開時に外国人を誘致するため、10年間のビザの付与を含む複数の観光キャンペーンを承認し、タイの収入が年間1兆バーツ増加することを期待しています。

政府広報担当のタナコン・ワンブーンコンチャナ氏は、午後の閣議後に記者団に対し、委員会は原則として、高いポテンシャルを持つ4つのターゲットグループの外国人を長期滞在させることで、タイでの経済・投資刺激キャンペーンを行うことに合意したと述べました。

そのグループとは、1.繁栄率の高い国から来た外国人、2.外国人の退職者、3.タイで働きたいビジネスマン、4.特別なスキルを持った人などです。

このキャンペーンは、主に2つの施策で構成されています。

  1. 高いポテンシャルを持った外国人グループに対する長期滞在ビザの発行。 長期滞在ビザやスマートビザをお持ちの方は、滞在期間が90日を超えると通知が不要になるなど、様々な免除や特典を受けることができます。
  2. 関連する法律または規制の改正 例えば、外国人労働者が王国の内外で雇用主の下で働くことができるようにするための土地所有や労働管理に関する法律、タイ人正社員4人につき外国人労働者1人という従来の要件の免除、その他税金や税関手続きに関する法律などです。

これらのキャンペーンに応募した外国人旅行者は、1.扶養家族を含む10年間有効の長期滞在ビザ(LTRビザ)の新規取得、2.LTR承認後の労働許可、3.海外からの収入に対する所得税の免除、4.長期不動産(土地を含む)の所有・賃貸権、などの恩恵を受けることができます。

内閣は、これらの施策をまず5会計年度(2022年~2026年)にわたって実施し、タイに住む外国人を100万人に増やし、国内の支出を1兆バーツ、投資を8000億バーツ、税収を2700億バーツ増加させることを期待しています。

具体的な資格要件については完全には明らかにされておらず、最終的な規則が英国官報に掲載されるまでは明らかにされない可能性が高い。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
1 (2 票)