タイ公衆衛生局が「タイで最もオープンにしたいもの」の結果を発表

タイ

  タイ公衆衛生局は、本日、タイの29のダークレッドゾーンで過去1ヶ月間に実施したとする大規模な調査の結果を発表しました。この調査では、タイで最も開放してほしいものや、Covid-19規制の緩和を望む人々の声を聞いています。

TPNの読者の中には、その結果に驚く人もいるかもしれない。なお、この調査の一部は9月上旬の直近の緩和前に行われたため、当時はレストランやショッピングモールのダインインが閉鎖され、その他の会場も閉鎖されていました。

公衆衛生局の局長であるスワンチャイ・インチャロエンチャイ博士によると、以下の調査結果は、人々が開放的でリラックスした空間を望んでいるトップ3であるとのことです。なお、調査対象となった人数については特に言及せず、全国の多様な人口を代表しているとだけ述べています。

  タイで最も開放・緩和してほしいものは何ですか?

  1.対面式の学習・教育のための「公立学校」-25.8% が最も多くの票を集めた。

  2. フル稼働しているレストラン、ダインイン-20.5%

  3. ショッピングのためのモール-6.3%

TPNメディアによると、公衆衛生局によると、バーやナイトライフは結果に含まれていないとのことで、現在は4月から閉鎖されています。調査以来、モールやレストランは緩和されているが、公立学校は閉鎖されたままだ。しかし、タイ政府は11月に向けて開校する計画を立てている。 しかし、ここを読めばわかるように、論争がないわけではありません。

また、スワンチャイ博士によると、60.3%の国民が、リスクの高い会場を利用する際に、すべてのスタッフと顧客にワクチンを接種することを支持しているとのことです。しかし、今のところ、この提案はあくまでも提案であり、義務化はされていません。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)