タイの1週間を振り返る。タイの学生がオンライン授業ストライキを実施、政府が数百万人分のシノバックを追加購入、公衆衛生局のデータベースがハッキングされる、などなど。

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル 先週、9月6日から12日までの間に、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだ記事を、いくつかの解説とともにご紹介します。重要度は特にありませんが、公開日順に掲載しています。

1.全国のタイの学生数千人が、民主化運動「Bad Student」に促されて、今日からオンライン授業ストライキを開始。

全国の学校や大学で半年以上前から導入されている「オンライン学習」が、タイの教育システムにそぐわず、ストレスや苦労が多いことから、多くの学生が抵抗感を示しているという。このストライキは、民主主義団体「Bad Student」が、抵抗の意思を示し、教育省に現在の教育改革を要求するために発表したものです。先週の月曜日から約8,646人の学生がこの抗議活動に参加しています。

民主化運動「Bad Student」の影響で、タイの学生数千人がオンライン・クラスストライキを開始しました。

2.タイ内閣、小地区行政組織の選挙を承認するが、バンコク都知事とパタヤ市長の選挙を延期

政府の発表によると、全国のSAO選挙は今年の11月28日から12月12日の間に行われる予定です。しかし、バンコク都知事とパタヤ市長の選挙は、Covid-19の影響により、10月頃に予定されていたものが延期されることになりました。選挙は来年の「ある時期」に実施される予定です。

タイ内閣、小地区行政組織の選挙を承認するが、バンコク都知事とパタヤ市長の選挙を延期

3.タイ政府、シノヴァック社製ワクチン1,200万回分の追加購入を承認、10月までに納入予定

また、42.5億バーツの予算で1,200万回分の購入が内閣委員会で承認され、公共の場で配布されることになりました。政府は、シノヴァック社のワクチンは、免疫力を高めるために使用され、シノヴァック社とアストラゼネカ社のクロスフォーミュラー方式により、注射の期間を短縮することができ、罹患率や死亡率の低下、さらにはコヴィド-19患者の治療にかかる政府の費用の削減に役立つと述べています。タイへの到着は、9月~10月頃を予定しています。

タイ政府、シノバック社製ワクチン1,200万回分の追加購入を承認、10月までに納入予定

4.病院のデータベースから機密情報を盗んだとされるハッカーに対し、タイの公衆衛生大臣が法的措置をとることを決定

先週、あるソーシャルメディアのページで、公衆衛生省が監督するPhetchabun病院の1万人以上の患者の個人データがハッキングされ、Raidforums.comで販売するために盗まれたと報告されたことが明らかになりました。Anutin Charnvirakul大臣は、ハッキングの事実を認め、関係者に調査を命じ、ハッカーに対して法的措置を取ることを約束しました。

病院のデータベースから機密情報を盗んだとされるハッカーに対し、タイの公衆衛生大臣が法的措置をとることを決定

5.タイの農業副大臣Thammanat Prompao氏が大臣職を退任、辞任か解雇かで議論に。

水曜日に出された辞表には、解雇されたという内容の王室報が掲載されていたため、タンマナート前農務次官が辞任したのか、それとも解任されたのかが世間で議論されています。この発表は、先週の問責決議でパラン・プラチャラート党内に亀裂が生じたことを受けて行われたもので、プラユット・チャンオチャ首相との意見の相違によるものではないかとの疑問も生じています。

タイの農業副大臣Thammanat Prompao氏が大臣職を退き、辞任か解雇かで議論に。

6.タイのCovidセンターは、既存のCovid-19対策を延長し、9月末まで全国の都道府県で同じ色分けのゾーンを維持する

CCSAは、1日の感染者数が依然として非常に気になることから、9月末まで、全国で同じ色分けされたゾーンを維持し、暗赤色の29州で現行のロックダウン措置と夜間外出禁止令を実施しました。今月初めに営業が許可されていた企業、レストラン、その他の活動は引き続き営業可能ですが、該当地域の公私立企業には在宅勤務措置を遵守するよう強く求めています。

タイのCovidセンターは、既存のCovid-19対策を拡張し、9月末まで全国の地方で同じ色分けされたゾーンを維持します。

と、今週はここまでです。いつもながらパタヤニュース/TPNニュースを読んでいただきありがとうございます

Psst.... もっと見たいですか? TikTokはこちらからご覧いただけます。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)