タイ国政府観光庁、ワクチン接種済みの外国人に「One SOP One System」による検疫なしの観光を提案予定

ナショナル

タイ国政府観光庁(TAT)は、今年10月に実施される「One SOP One System」(OSOS)スキームに基づき、ワクチンを十分に接種した外国人を対象とした検疫なしの観光案を、経済状況管理センター(CESA)に紹介する準備を進めています。

この提案は、10月1日の政府の第2期国別再開計画に合わせて導入されます。この計画では、チェンマイを含む5つの地域が追加されます。 パタヤホアヒン、チャアム、そしてバンコク。 昨日の記事では、この計画が従来の案から変更される可能性があることをお伝えしました。

TATのユタサック・スパソーン知事は本日9月14日、報道機関に対し、これまでの要件が複雑で、当局の期待よりもはるかに少ない外国人を惹きつけていたことから、TATが新しい観光計画を打ち出したことを明らかにしました。TPNメディアによると、パタヤの "Move On "計画は広く批判されており、制限が多すぎてほとんどのビジネスに利益をもたらさないと多くの人が感じていました。 この先行提案については、こちらをご覧ください。

「このOSOS計画では、すべての州が同じSOP(標準操作手順)を適用することで、観光客が指定されたエリア内をより自由に移動できるようになります」と語った。

わずか48時間前には、TATは「Move On Plan」や、より限定的な同様のプランを推進していたのだから。

平たく言えば、5つの新エリアの計画を別々にするのではなく、1つの計画にするということで、プロセスが簡素化される。基本的には、現在の提案では、安全で密閉されたルート(ツアー)から、パタヤやホアヒンなどのエリア全体を観光客が自由に移動できるようにするというものだ。この案では、観光客はSHA+ホテルに滞在し、様々な書類やテストなどの条件を満たす必要がありますが、プーケット・サンドボックス案と同様に、希望する場所に自由に移動することができます。

TPNメディアは、これはあくまでも提案であり、まだ複数のレベルの承認を得る必要があることを強調したい。また、この提案に対して、バーやエンターテイメントなど、あらゆる分野の出店が認められるという保証もありません。しかし、観光客や訪問者を1つのリゾート地と特定のアトラクションのガイド付きツアーに限定するという事前の提案に比べれば、大幅な改善と言えるでしょう。

また、現在プーケットで実施している、7日後に別のエリアを訪れることができる「7×7」プランも含まれるようです。 この提案の詳細については、こちらをクリックしてください。

さらに、「サムイ・プラス・モデル」を非検疫観光に若干変更し、サムイ島、パンガン島、タオ島をパイロットエリアとする「『サムイ・プラス・サンドボックス』」という新しい名称で、観光客が封鎖エリア内をより自由に移動できるようにします。これは基本的にはプーケットと同じプログラムで、人気のない封鎖されたルートを捨てて自由に移動できるようにするものだ。

また、フィパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ大臣は、以下のように述べています。 先週末に行われたチョンブリ当局との会合では また、9月中に多くの正規メーカーのワクチンが入荷し、全国に配置される予定であるため、10月から国内旅行を再開することができます。

また、プーケット、クラビ、パンガー、スラタニ、バンコク、チョンブリ、ペッチャブリー、プラチュアップ・キリ・カーン、チェンマイなど、外国人観光客による総収入の15%以上を占める県や地域を対象に、無防備な観光プランを計画する。

ただし、これはあくまでもTATと観光・スポーツ省が企画した案であり、CESA、CCSA、内閣委員会などの複数の機関に提案して承認を得る必要があることには注意が必要です。全ての施策や要件は初期の提案に過ぎません。

詳細については、今週末に予定されているTATおよびこの計画を承認する必要のある関連機関との会合後にお知らせします。また、TATはプーケット・サンドボックスのデータを使用することを計画しています。 外国人観光客は、Covid-19を持っているという意味では、信じられないほど低リスクであることを提案しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)