12~17歳の学生へのワクチン配分は10月に開始されると政府関係者が発表

ナショナル

タイ教育省が本日9月13日に発表したところによると、ファイザー社のコビット-19ワクチンは、11月に予定されている学校再開に先立ち、ダークレッドゾーンの29県の12歳から17歳の生徒を中心に配布される予定です。

トリヌック・ティエントン教育相は今朝、報道機関に対し、政府が11月1日に2021年度後期の準備のために、注射日に12歳から17歳の学生を対象にファイザー社製ワクチンを2回接種するなどのガイドラインを導入したことを明らかにした。

大臣によると、この計画は、マタヨム1〜6、職業証明書の学生、高等職業証明書の学生または同等の学生、12歳の初等6年生の学生を対象とする。この計画では、公営・私営の学校、国境警備隊の学校、神学校、軍の学校、その他の教育機関で学んでいる暗黒地帯の州の約450万人の学生を優先します。

กทม.เตรียมฉีดวัคซีนโควิด-19 เข็มแรกให้นักเรียนกลุ่มเสี่ยงอายุ 12-18 ปี 21  ก.ย.นี้
PHOTO.マネージャーオンライン

基礎教育委員会(OBEC)のアンポン・ピナサ事務局長は、12歳未満の生徒がいるクラスでは、学校に戻れるようにするために、オフラインでの学習スタイルの変更が適用される可能性があると述べています。例えば、教師が完全に予防接種を受けていること、地域での発生が報告されていないこと、生徒が学校で学習する日を変更しなければならないことなどが挙げられます。

さらに、オパス・カーンカウィンポン公衆衛生局次官は、バンコクの公衆衛生局が9月21日に首都の12歳から17歳までの学生を対象にファイザー社製のワクチンの接種を開始すると述べました。

「スケジュールによると、9月末に追加で200万本のファイザー社製ワクチンが到着し、10月にはさらに200万本のワクチンが毎週徐々に到着します。保健省は、10月までに1回目の接種が必要な生徒に行われ、その後2回目の接種ができるだけ早く行われることを期待しています」と付け加えました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)