パタヤの "Move On "プロジェクトが "Sandbox 7+7 "エクステンションと共に10月にオープン予定と観光・スポーツ大臣が発表

チョンブリ

観光・スポーツ大臣によると、「パタヤ・ムーブ・オン」プログラムは、10月1日から「プーケット・サンドボックス7+7エクステンション」の一部として再調整される予定である。

タイの観光・スポーツ大臣であるフィパット・ラチャキットプラカーン氏は、昨日2021年9月12日にパタヤを訪問した際に、今週17日(金)に予定されている主要な会議で、プーケットのサンドボックスに似た「Sealed Area」パターンとなる再開計画をCESA(Center for Economic Situation Administration)の会議に紹介することを明言しました。CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)は、パタヤのムーブオン計画のほか、バンコクやチェンマイなど他の地域の計画も審査することになっています。

「このモデルでは、外国人観光客に7+7の延長でチョンブリを旅行する機会を提供します。最初の7日間はサンドボックス・プロジェクトでプーケットを訪れ、最後の7日間はチョンブリを訪れることもできますし、まずチョンブリを訪れ、その後プーケットに行くこともできます」と付け加えた。

昨日のミーティングでの声明によるとパタヤの "Move On "プログラムは、サンドボックス7+7計画の一部であり、プーケット、クラビ、パンガー、スラタニ、バンコク、チョンブリ、ペッチャブリー、プラチュアップ・キリ・カーン、チェンマイなど、外国人観光客による総収入の15%以上を占める県や地域を対象としています。

声明によると、完全にワクチンを接種した旅行者で、Covid-19コロナウイルスのRT-PCR検査の結果が陰性であれば、Sandbox 7+7プランに参加し、検疫なしで指定された地域に旅行することもできます。

TPN Mediaによると、これは新しい提案が以前に提案されていたほど厳密ではないかもしれないことを示唆しているようです。 ここで取り上げた. ただし、これはあくまでも提案であり、詳細がCESA、CCSA、タイ内閣などの複数の機関で承認されて「定まった」状態になるまでは、すべての対策や提案は予備的なものであり、完全に承認される保証はないことに留意する必要があります。今週の金曜日に会議が予定されていますが、これが最終的な会議になるとは限りません。

さらに、スリン、サカオ、チャンタブリー、タック、ナコンパノム、ムクダハン、ウドンターニー、ノンカイ、ブエンカン、ローエイ、ウボンラーチャターニー、ラノーン、サトゥン、ナン、カンチャナブリー、ラーチャブリーなど、近隣諸国との国境がある県も次のステップで開放されます。文化的な観光商品を持つパイロットエリアであるランプーン、プレー。続いて、ランプーン、プレー、ナコンシータマラート、パッタルンなどの文化観光商品を持つパイロット地域が登場します。

Phiphat氏は、9月中に多くの公認メーカーからワクチンが到着し、全国に配分される予定であるため、10月には国内旅行を再開できると予想しています。公衆衛生局の担当者によると、バンコクとその周辺地域では、地域住民の70%以上にワクチンを注射することが期待されており、これは社会的にある程度の免疫力をつけるのに十分な量です。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
3.13 (8 票)