パタヤのアンテナタワーに登って救助された泥酔男性、マーケットへの車での移動を断られた妻に怒っていた

パタヤ

昨晩(9月12日)、Banglamungにある高いアンテナタワーに登ったタイ人男性が救助されました。ばんざい)

レスキュー隊とパタヤニュースがノングルーのソイ・トン・クロム・タンマン25に到着したところ、午後9時頃、編集部の方針で名前を伏せた男性(53歳)が地上約17メートルのポールの上にいるのを発見した。

救助隊や地元住民が拡声器を使って男性に降りるように呼びかけたが、うまくいかなかった。この男性は酒に酔っており、地元の市場を訪れた際に妻と口論になったことがきっかけで、タワーに登ることを決意したと自認していた。

救助隊員はポールに登って男性を助け、ロープを使って固定した後、無事に降ろしました。バングラムン当局によると、男性は地元の病院に搬送され、定期的に精神鑑定を受けているとのことです。

男性は救助隊員に、自分はタイ料理店のシェフだと話していました。夕方に地元の市場に行って仕事のための食材を買いたいと思っていたが、妻に連れてくることを拒否され、自分で運転するには酔いすぎていると述べ、それに腹を立てた結果、"妻を懲らしめる "ためにアンテナに登ることを決意したという。

しかし、アンテナの中央部に到達したとき、男性は酒に酔っていて体が弱っており、下に降りることができなかったため、救助されました。男性は、自分に危害を加えるつもりはなく、妻に声明を出したかっただけだと主張している。しかし、その内容は明らかになっていません。

もしあなたやお知り合いの方が落ち込んでいるのであれば、助けを求めてください。パタヤニュースではタイのサマリタンを紹介しています。

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)