サタヒップでスイス人を襲って5,000万バーツ相当の絵画を盗んだとされるロシア人容疑者3人がプーケットで逮捕されました。

プーケット、サタヒップ、チョンブリ、タイ-。

サタヒップでスイス人を襲った後、5000万バーツ相当の絵画を盗んだとされる指名手配中のロシア人容疑者3人がプーケットで逮捕されました。4人目の指名手配中のロシア人容疑者はすでにタイを離れています。

プーケット入国管理局のパンチャナ・ヌッチャナート少将はTPNメディアに対し、"サタヒップのナ・ジョムティエン警察から当初、4人のロシア人容疑者についての情報を得た "と語った。

「彼らは、サタヒップのナジョムティエンで、スイス人を襲った後、5000万バーツの価値のある絵画を盗んだ罪に問われています」とパンチャナは述べています。

"3人は以前に逮捕され、保釈されていたが、保釈条件に従わず、プーケットに逃亡した "とのこと。と少将は説明している。

 "今朝(9月8日ばんざいこのたび、オレックス・タラクノフ氏(51歳)、マキシム・スチャレフ氏(33歳)、アレーナ・ザハロワ氏(33歳)を逮捕しました。彼らはプーケット市のコーケーオの団地に住んでいました」。パンチャナはこう付け加えた。

オレックス氏とアレナ氏は2019年8月に60日間の観光ビザでタイに入国し、マキシム氏は昨年2月にผ.30ビザ(到着ビザ)でタイに入国しています。少将の発言によると、今年5月に60日間の観光ビザでタイに入国した4人目の容疑者、アレックス・シエ氏はすでにタイを離れている。全員がオーバーステイである。TPNメディアによると、以前に逮捕されたグループがオーバーステイの件でも起訴されなかった理由はすぐにはわからなかったという。

"3人の容疑者は全員、自分たちに対する告発を否定している。彼らは更なる調査のためにナ・ジョムティエン警察署に連れ戻され、引き続き警察に拘束されています」。パンチャナはこう締めくくった。

TPNメディアによると、当初の容疑者の犯行の詳細は不明であり、この事件のさらなる進展は最新の記事で紹介されるとのことです。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)