チェンマイで誘拐された1歳の幼児が無事発見されました。

チェンマイ

日曜日にチェンマイのメーテーン地区の自宅から誘拐されたとされる1歳の幼児「ジーナ」が、本日9月8日に生存が確認されました。

チェンマイ警察のピケット・ジーラナンタシン署長によると、ジーナの父親の友人を名乗るミャンマー人が、地元の洞窟の精霊に捧げるためにジーナを誘拐したことを告白したという。

少女は日曜日の夕方、ペットと遊んでいる最中に自宅の前で姿を消したとされています。ジーナの捜索は、この地域が閑散とした密林地帯であったため、苦戦を強いられた。

シューという名の第一容疑者は、チェンマイ警察の何時間にもわたる取り調べに対し、「村の森を守る精霊が、彼女の家から3キロ離れた洞窟の前に連れて行くように言ったので、彼女を誘拐した」と語った。また、彼女を襲ったり殺したりしたことは一切ないという。警察への供述によれば、シューはシャーマンであると主張している。

Siew氏は今朝早く、警察官と共に現場に連れて行かれ、幼児を落としたとされる場所を特定した。しかし、チェンマイ警察は、彼の供述が説得力に欠け、曖昧であったため、彼を更なる調査にかけると指摘している。

今日の午後の時点で、ジーナは森の中の放棄された小屋で安全な状態で発見されたと報告されています。その後、関係者が水とミルクを与えた後、Mae Taeng病院に搬送し、検査を受けさせました。

TPNメディアでは、続報が入り次第お伝えします。なお、報道発表時点では、シューはまだ拘束されています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)