プレスリリースインドはタイにとって引き続き主要な訪問者のソース市場として期待される

以下は、タイ国政府観光庁のプレスリリースです。彼らの発言は彼ら自身のものです。

バンコク、2021年9月8日 - タイ国政府観光庁(TAT)は、インド人の旅行ニーズに関する調査によると、タイはインド人が海外で行きたいと答えた目的地のトップ3に入っていることを報告します。

最新の調査は、トーマス・クックが2021年6月に4,000人を対象に行ったもので、46%の人が海外旅行に行きたいと思っていることがわかりました。タイと並んで行ってみたい旅行先のトップ3は、ドバイ/アブダビ、モルディブとなっています。また、インターマイルズが2021年4月に11,500人のインド人を対象に行った調査では、65%の回答者が海外旅行を計画していることがわかりました。

TATのユタサック・スパソーン知事は、次のように述べています。 「パンデミック以前から、タイはインド人旅行者に非常に人気のある旅行先として知られており、インド市場への再開後もこの魅力が継続されそうなのは非常に心強いことです。それまでの間、インドにおけるTATの優先事項の一つは、タイがすべての旅行者に対して採用しているSHA基準などの様々な健康・安全対策を旅行者に徹底させることです」。

今後、TATは、2021年10月1日から12月31日までの座席数と推定観光客数(検疫なし)に基づいて、インドのインバウンド市場について2つの可能なシナリオを考えています。

最初のシナリオは、ニューデリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、ハイデラバード、バンガロールの主要都市からの商業便が再開され、14週間の期間中に24,500人のインド人がタイを訪れ、10億9,000万バーツの収入を得るというものです。

2つ目のシナリオは、ニューデリーとムンバイからタイへのチャーター便を毎週運航し、4,200人のインド人が訪れ、1億8,770万バーツの収入を得るというものです。

この収益予測は、2019年の記録に基づくもので、インド人旅行者は平均7日間の休暇を過ごし、一人当たりの旅行支出は44,688バーツでした。

旺盛な需要

一方、TATムンバイおよびニューデリー事務所がインド国内の旅行代理店300社を対象に実施した最新の調査によると、タイの観光再開後、インド人旅行者のタイへの潜在的な需要を94%が確認しました。約80%のインド人旅行者は、平均7日間の休暇を過ごし、優先順位は安全と健康(33%)、観光活動(25%)、残りは魅力的な価格と答えています。

しかし、現在試験的に行われているプーケットサンドボックスやサムイプラスなどの再開プログラムは、休暇期間が7日間と短いこともあり、インド人旅行者には魅力的ではないとの意見がありました。

2022年の市場展望

今年の最終四半期にタイがインド人旅行者に再開されるかどうかにもよりますが、TATムンバイおよびニューデリー事務所では、ゴルフ、ウェディング、ミレニアル世代などのファーストムーバーに引き続き焦点を当てています。

インド人の結婚式の目的地としては、プーケットが依然としてトップで、ホアヒン、ラヨーン、サムイと続きます。豪華な宴会で知られるインド人の結婚式は、200~300人の参加者で、平均500~600万バーツ(約1億円)です。

パンデミック前のインド市場の概要

全セグメント

2019年、合計196万1,069人のインド人がタイに渡航し、8,000万バーツ強の観光収入を得ました。到着数では25.48%の伸び、収入では19.96%の伸びとなった。当時、インドからタイへのフライトは週300便以上あり、GoAirやIndiGoといった航空会社がプーケットへの直行便を就航させたことで、より多くのインド人観光客が訪れるようになりました。

2019年のインド市場に関するTATの調査結果では、旅行代理店の94%がタイへの旅行需要を予測していました。2021年/2022年にタイを訪れる旅行者のタイプとしては、添乗員付きのグループが35%と最も多く、次いで少人数のグループが30%、カップルやハネムーナーが20%、子供連れの家族が15%となっています。

平均滞在日数は、7日未満(調査回答者の80%)、7日以上14日未満(15%)、30日以上(5%)でした。タイへの旅行で考慮した要素は、健康、衛生、安全(回答者の33%)、接続性(25%)、競争力のある価格(17%)、その他(25%)であった。

今回の調査では、推進すべき市場セグメントを考える上で、ミッドマーケットが34%、ラグジュアリーが27%、バジェットが24%、オールセグメントが15%とされた。

ウエディング市場セグメント

また、インドのウェディング市場について、ムンバイ、デリー、ベンガルール、スラット、アーメダバード、ジャイプール、コルカタ、ヴァドダラ、ゴア、チェンナイの大手デスティネーション・ウェディングプランナーを対象に、TATによる調査が行われました。その結果、最も挙式を検討している旅行先はプーケットとクラビ(72.41%)で、次いでホアヒンとラヨーン(65.52%)、サムイ(43.1%)、バンコク(25.86%)、パタヤ(22.41%)、その他(5.17%)という結果になりました。

タイでの挙式で最も検討された時期は、2022年1月~6月、7月~12月(いずれも55.17%)で、次いで2021年11月~12月、(34.48%)、2021年9月~10月(8.62%)となった。

挙式規模とそれに伴う部屋数では、「50~100室」が最も多く(51.72%)、次いで「101~150室」(43.1%)、「150室以上」(15.52%)、「50室未満」(6.9%)の順となりました。

滞在日数は、2泊3日が57%、3泊4日が40%、4日以上(50名以上)が3%でした。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)